2009年07月26日

情報断食

屋久島に旅立ってから一週間。

今振り返ると、パソコンを持たない生活は、まさに情報断食。

いつもフルタイムでパソコンから情報収集して、

休まずサイトを更新するような、今までの生活を考えさせられました。

屋久島でのスローライフは、それはそれは素晴らしい体験でしたよ。

あくせくしてる日々の生活が、阿保らしくなるほど豊かな時間。

私たちは、一体何がしたいんだろう?

朝から晩まで休みなく働いてお金を稼いで、閉鎖された空間で、

高い生活費を消費して、次々と流れさる流行を追いかけて、、、

今回は、普通の海外旅行とは、また違う価値観を垣間見ました。

海外でもいろいろとカルチャーショックを受けますが、

国内という、ある意味日常の延長線上でこんな生活を送るのは、

なんだか新鮮な感じです。

ニワトリの声は朝の4時には聞こえ、夕方6時にはバスがなくなる。

そんな島の感覚を基準に考えると、

私の今までの生活ははっきり言って、暴走馬車です(笑)。

人生のスピードも相対的なものなので、

スローライフを体験してはじめて、

生き急ぐってこういう生活をいうんだな、

と今の自分を理解できます。

もちろん人生には波があるので、スピード上げると、

とことんまで行ける時と、

スローに生きないと体調崩してしまう時期もあります。

今回の旅では、そんなバランス取りが必要になった時、

自分にOKサインを出すための予行練習だったのかもしれません。

時が来れば、スローライフへの変換も、

勇気を持って決断できると思います。

まあ、今はまだ動きたい時期なので急な話ではありませんが、

あきらかに人生の選択の幅が広がった感じ。人生って素晴らしいね☆

ちなみに。
皆さんご存じのように(笑)、日食は見えませんでしたが、

目に頼らない分、逆に視覚以外の体感覚で十分に味わえました。

肌寒さ、異様な空気感、のしかかるような月の重さ、

皆既空けの瞬間の温かさ、、、

皆既日食は一度見たことがあるので、曇りバージョンはお初。

貴重な体験でした。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイ修行道と世界旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。