2009年08月09日

鵜飼の気分

「火」というのは、鵜飼いの「鵜」みたいなもんです。

もっと言うと、使い魔?

ゲームとかファンタジー小説とかで、

火の精霊のサラマンダーとか出てきますけど、

あんなイメージ。


その性質を良く知って仲良くなると、

まるで火と会話するかのように、

パフォーマンスできるようになる人もいます。


初級火飼い師のミクラからすれば、

まだまだ先の領域ですが、

それでもそんな気分を味わいつつあります。


先日、ポイを短く持って回していた時、

火の気持ちに少し触れたような。。。(笑)

人でも同じですが、やはり距離が近くなると、

気持ちも理解しやすくなるようです。

あまり近づくと火傷するので、その辺注意が必要ですけど。


ff.jpg
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポイ修行道と世界旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。