2005年05月23日

月星座で無意識を覗く!

以前、ごくごく簡単に月星座の役割を二つほど挙げた。
@月星座は裏の顔をあらわす
A男性にとっての理想の妻像を示す
今日は月星座の専門書?として私も愛用している、「月の魔法(ロリー・リード著)」からもっと詳しい月星座の役割を一部引用してご紹介しよう。以下に本書に書かれている、月星座があらわしている事柄をあげてみた。


(ムーン・サインからのアドバイス)
本能的なリアクションの傾向
秘められた願い・欲望
感情の高まりと落ち込み
人がみたあなたの個性
毎日の習慣や慣例にしたいこと
心の奥底で願うこと、必要なこと
心から愛するもの、憎むもの
一人でいる時の振る舞い
愛する人に対する感情的な接し方
安心感を得るために必要なもの
無意識に記憶されたプログラム
幼少期の境遇

などなど

自分ではなかなか意識することができないような要素がこのほとんどを占めている。幼少期に形成されて無意識下に沈んでしまった(だが傍からよく見れば明らかな、)性格が月星座で表されるのだろう。12星座別で月星座ごとの「本能的なリアクションの傾向」も引用すると…

おひつじ:意気込みがあってポジティブ
おうし:慎重で活動的
ふたご:柔軟で社交的
かに:感情的で繊細
しし:躍動的で熱心
おとめ:クールで客観的
てんびん:愛想がよく、チャーミング
さそり:鋭い、熱烈
いて:オープンで親しみやすい
やぎ:注意深く、控えめ
みずがめ:冷静でも親しみやすい
うお:穏やかで好意的

以上星座別で書き出したが、何度も繰り返すように月星座は無意識的な反応を表している場合がほとんど。しかし、自分でも不思議と思い当たるふしがないだろうか?「ムーンサインからのアドバイス」の様々な要素に各星座のキーワードを当てはめて想像を巡らせてみて欲しい。新たな発見があるかもしれない。
俗にいう「星占い」が当たっていないと思う方は、意外にも月の影響が多きすぎて太陽星座の性質が現れにくくなっていることも考えられる。もちろん、太陽・月以外の8惑星の影響も全て考慮する必要があるのだが…
機会があれば、今後月星座以外にも解説していきたい。


月星座を調べてみる→

ふたご
posted by Mikura at 16:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 四柱推命と占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3844943
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ムーン・サインからのアドバイス
Excerpt: ハッピー☆スターの部屋へようこそ。 月のリズムの反響が大きかったので、今日は 『ムーン・サイン』 にふれてみたいと思います。
Weblog: HAPPY☆STARS
Tracked: 2005-09-16 19:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。