2005年05月23日

月星座と太陽星座の一致 - コンジャンクション

占星学において、月星座と太陽星座の一致はコンジャンクション(合)と呼ばれており、これを持つ人物のホロスコープを読むにあたって重要視されている。例えば、ホロスコープにて太陽星座も月星座も同じく獅子座の場合、その人は獅子座で太陽と月がコンジャンクションしていると言う(※1)。

コンジャンクションはそのサインの意味の強調を表し、とりわけ太陽と月のそれはホロスコープに多大なる影響を与えるといわれる。要するに前述の獅子座の人物は、コンジャンクションの影響により恐ろしく獅子座的な人生を歩む可能性が高いといえる。

人は意識(太陽)と無意識(月)で自然にバランスをとりながら生きるのだが、これらの人々は意識も無意識も同じサインの特性を持っているため、偏った考えを持ちやすいかもしれない。しかしそのぶん、内に秘めた力もなみなみならぬものがあり、サインの性質がプラスの方向に働けば普通ではできぬような偉業を達成する可能性がある。まさに諸刃の剣、博打的な人生だ。

12星座それぞれのコンジャンクションの方々は、解説すれば次のようになる。コンジャンクションの作用を知ることは、それぞれのサインの特質をより深く知ることにもつながる。周囲に太陽と月の合を持つ人をちょっと観察してみてはいかがだろうか?


おひつじ:爆発的な闘争心。燃え盛る激情型情熱人。
おうし :堅実さに輪がかかる。現代の錬金術師。
ふたご :知的なるコミュニケーター。かなりの切れ者。
かに  :慈愛に満ち満ちている。安らぎの保護者。
しし  :光の中の光。磁力的なカリスマ性のオーラ。
おとめ :良識のデータベース管理者。思慮深き分析者。
てんびん:この上ない気品。まるで中世の宮廷調停役。
さそり :人生の謎を深く知る者。この上なくセクシー。
いて  :勢い止まぬ彗星。ド派手で冒険好きの楽天家。
やぎ  :鋼鉄の意志。この世の高みを目指す登山家。
みずがめ:筋金入りの個性。掟破りのブッコ抜き改革者。
うお  :夢の中で夢を見る。感性高き癒しの聖者。


自分は太陽と月のコンジャンクションだけど、サインの影響は全く受けてなんかいるもんか!と思っている人…。頭が固く、意固地になるのも合を持つ人の特徴です。もっと客観的に自分を見てみてはいかがだろうか(笑)。

※1:正確にいえば、月と太陽の角度は8度以内である必要がある。そして8度以内の角度でさえあれば、隣合ったサインに太陽と月が分かれて入っていても、コンジャンクションとなる。例)太陽→獅子座29度、月→乙女座3度


しし
posted by Mikura at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 四柱推命と占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3845373
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。