2005年05月24日

エコシステム

草が芋虫に食べられるのを避ける術はない
ただただ食べられ続けている

芋虫が鶏に食べられるのを避ける術はない
ただただ食べられ続けている

鶏がヒトに食べられるのを避ける術はない
ただただ食べられ続けている

草も芋虫も鶏も
生態系の上流にいる存在の正体を把握できず
上流者のなすがままである

さてヒトの上流には一体何が存在するのか
考えたくなるのはやまやまなれど
把握できなくて当たり前

ヒトもやはり彼らのなすがままなのであろう



運命の輪.jpg
posted by Mikura at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。