2005年05月25日

アロマオイルの催淫学@

「アロマオイルの催淫学」では催淫作用(媚薬効果)のあるエッセンシャルオイルの紹介をしていくつもりである。インドの性典「カーマスートラ」では性の喜びを高める方法として、植物のオイルが数多くすすめられている。また、かの有名な古代エジプトの女王、クレオパトラも「香り」をうまく使ってローマの英雄ジュリアス・シーザーを誘惑したとか。
このように古今東西、男と女の愛を取り持ってくれている植物たち。是非、みなさんも活用されてみてはいかがだろうか。

催淫をテーマにアロマを解説されている書籍は数少ないのだが、ブリティッシュアロマテラピーの権威、ロバートティスランド著「芳香療法の理論と実際」には多くの記述が見出せる。この中で催淫効果の高いものとして紹介されているのが、以下の精油だ。

ブラックペッパー
サンダルウッド
イランイラン
クラリセージ
カルダモン
ジャスミン
パチュリー
ローズ
ネロリ


このうち値段もお手ごろで人体にも優しく、扱いやすいオススメオイルは以下の4つ。

@「イランイラン」
南国の甘ったるい花のイメージ。インドネシアでは新婚の夫婦のベッドにこの花がばら撒かれるという。あつあつエキス。使いすぎると逆に頭痛の原因にもなりかねないので注意。

A「サンダルウッド」
ビャクダンの香り。瞑想を誘うような深く甘い香り。イランイランの甘さが苦手ならばこちらを。

B「クラリセージ」
好き嫌いが別れそうな香り。女性のホルモンバランスを調節する働きもある。

※「ローズ」
これば上の3つに比べてかなり高価。しかし効果は抜群。バラの香りに包まれて美しい愛の営みをどうぞ。


(媚薬アロマ作成法)

植物油10mlに対して精油を2滴ずつ加える。
(お好みでいろいろな催淫アロマをブレンドしてみてほしい。)


使用例:
@バスオイル
(湯船にゆっくりと流し込んで)

Aマッサージオイル
(肩や背中に塗ってマッサージしてあげよう。)

B植物油を加えずに精油をアロマポッドで香らせる。

※他にもいろいろな使い方があるはず。研究してみてほしい。


薔薇花弁
posted by Mikura at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カーマスートラの秘儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3887369
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。