2005年05月25日

アロマオイルの催淫学C

好評頂いております「アロマオイルの催淫学」四話目。
今回はクラリセージ。正直、私ははじめこの香りが嫌いだった。しかしその実、嗅げば嗅ぐほどイメージの膨らむ素晴らしい精油と思う。とっつきにくいかも知れないが、最初嗅いで「嫌だな」と思った方も是非お試しあれ。


クラリセージ

科名:シソ科
特性:催淫・子宮機能促進・鎮静・抗抑鬱・通経・強壮作用
用途:インポテンツ・高血圧・神経衰弱・スキンケア・冷感症・無月経・月経困難・ヒステリー・抑鬱症・消化不良


-----------------------------------------------------------
神経・胃・腎臓・子宮に用いるととりわけ強壮効果が期待できます…この精油は緩和な形での陶酔的中毒症をあらわすようにもみえますが、きわめて少量で効果を発揮する精油なので、これはその毒性に直接関連するものではありません。クラリセージの毒性はサルビアよりも低いのですが、大量をとることは中毒を引き起こしますので避けるべきです。摂取のしすぎの結果は陶酔感というよりも、はっきりした中毒症状と激しい頭痛です。クラリセージの催淫性は、この陶酔感を生み出す特性と密接に結びついています。
(ロバートティスランド著 高山林太郎訳「芳香療法の理論と実際」より)
-----------------------------------------------------------


クラリセージに含まれる「スクラレオール」という成分は、女性ホルモンのエストロゲンないしは類似の物質を含有しており、子宮等に関する女性機能の有効な強壮剤になるようである。
また、ロバートティスランド氏も本書で言及している通り、クラリセージはある種の陶酔感を呼び起こす。メキシコのとあるインディオの部族はクラリセージのいとこともいえる、「サルビア」をシャーマンの儀式に使用しているようだ。クラリセージにサルビアほどの作用はないにせよ、陶酔感を生み出すその効果はバカにはできない。

※クラリセージを利用した際はアルコール類を摂取しないこと。また、どのエッセンシャルオイルにもいえることだが、高濃度での使用は体に悪影響を及ぼしてしまうので絶対に避けること。(低濃度でも飲むのは厳禁)
適量を守って安全なラブライフを楽しもう。

利用方法はアロマオイルの催淫学A「イランイラン」の項を参照


節制.jpg
posted by Mikura at 11:34| Comment(0) | TrackBack(1) | カーマスートラの秘儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

シソエキス粒!お徳な3個セット 6粒でシソの葉30枚分のエキス。
Excerpt: ある○る大辞典で取り上げられて人気爆発! シソは日本のハーブの代表として料理の薬味や刺身のツマなど食用に利用され親しまれています。 シソの葉は栄養価が高く、特にカロテンの高さは全野菜の中..
Weblog: ☆楽して稼ぐアフィリエイト用テンプレートで、日に16万円!
Tracked: 2005-05-25 19:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。