2005年05月25日

アロマオイルの催淫学E

アロマテラピーの書籍ではあまり取り扱われていないのだが、催淫効果の高い香りがある。それは皆さんもご存知、バニラ。
アブソリュートとして精油化されているため、人体に直接触れるような使い方はオススメできないが(マッサージ・沐浴等)、このとろけるように甘ぁいバニラの香りは十分にエッチな
気分を高めてくれることだろう。


------------------------------------------------------
バニラ

科名:ラン科

ドーシャへの影響:ヴァータ、ピッタを減らし、カパを増強

効能:怒り・フラストレーション・いらつき・月経遅延・強壮剤、刺激剤として・幸福感と喜びを誘う   

「緊張感のあるカップルには催淫用としてブレンドに…」

(アーユルヴェーダとアロマテラピー
ライト・ミラー、ブライアン・ミラー共著より引用)
------------------------------------------------------



ティスランド氏の「芳香療法の理論と実際」にはバニラの記述がなかったので、今回は「アーユルヴェーダとアロマテラピー」からの情報。こちらにも大して詳しい説明はないのだが、緊張感のある(喧嘩中の?)カップルですらリラックスさせてしまうというコメントがついていたし、実際、私の個人的な意見としてもその効力はかなり高いと思われる。

バニラの精油は蒸発の遅い「ベースノート」に分類される。そのため寝る前にコットン等に染み込ませたくらいのものでも朝まで強い香りが残る。甘い香りとともに朝の目覚めを演出してくれるすばらしいオマケつきというわけだ。さっそく媚薬アロマのコレクションに加えてよう。

※ただし、バニラの精油はなかなかお目にかかれない。取り扱っているブランドが少ないのである。もし見つけることができなければ、アジアン雑貨のショップでバニラのお香を買ってみよう。これなら20本300円くらいで手に入れることができる。


恋人.jpg
posted by Mikura at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カーマスートラの秘儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3888326
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。