2005年05月25日

アロマオイルの催淫学F

アロマオイルの媚薬学(笑)、シリーズ7回目は価格の高さではローズに匹敵する、麗しの媚薬「ジャスミン」。
ジャスミンティーなどで一般にも親しまれているが、精油にするとその価格は驚くほど跳ね上がる。それもこれも数多くの花びらに含まれる精油を凝縮して作っているからなのだが。


ジャスミン

科名:ヒイラギ科
特性:強壮・催淫・鎮静・抗抑鬱・催乳・催娩・消毒
用途:インポテンツ・月経困難・子宮障害・神経性悪感・スキンケア・冷感症


----------------------------------------------------------
ジャスミンはまた、体を温めて、リラックスさせる催淫剤としても有名です。このために、また情緒的な領域へのその非常に大きな効果のために、ときとしてジャスミンはインポテンツや冷感症を治療する場合素晴らしい薬剤になってくれます。これはまた男性の性器に作用し、これを温め強壮にします。精液漏・膿漏・前立腺炎のような流出状態がある時に有効です。
(ロバートティスランド著 高山林太郎訳「芳香療法の理論と実際」より)
---------------------------------------------------------


南インド旅行中。とある女性とふたり、河のほとりでデートしていた時のこと。花売りの子供たちが集まってきて、彼女にジャスミンの首飾りを買ってあげろとうるさく、根負けしてプレゼントした。白い花からはなんともいえぬ、異国情緒あふれる良い香りがしたのを今でもハッキリ覚えている。
彼女が私を見る目はうっとりと潤み、エキゾチックで優雅な香りの中でふたりは深い恋におちて…とそんなに簡単にはいかなかったが、この香りは男女間のムードを限りなく甘くさせる力があるようだ。とあるヒッピー風のイスラエルの友人はジャスミンの花輪のプレゼントを最後の決めの「落としのテクニック」にしていると自慢げに話していた。う〜む、深すぎるぜ、催淫学!

太陽.jpg
posted by Mikura at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カーマスートラの秘儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。