2005年05月25日

サンダルウッド

空気中に蒸発させた黄金色の琥珀エキス
体の芯のチャクラたちがゆらりと開き始める
あらゆる不安を沈黙させるニルヴァーナへの階段昇る
ポカポカの陽だまりで丸くなった子犬の寝顔
この世にひとつだけ大切な家族の温かさ
いやらしさを微塵も感じぬ聖なる甘美
この世界のたったひとりの生き残りとなったとしても
その孤独感を消滅させる事ができるであろう

どうしてサンダルウッドのソフトクリームが存在しないの?



愚者.jpg
posted by Mikura at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Image of Aroma) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。