2005年06月02日

ハーブとアロマ de ダイエット@ - フェンネルティー

フェンネルは古くから薬草として医療の現場で用いられてきた伝統のあるハーブ。心と体の両面から「食」をコントロールしてくれるすぐれものだ。林真一郎氏の「アロマテラピーの事典」には次のようにフェンネルの効能について記述されている。

引用-----------------------------------------------
身体に対して)
胃や腸のぜん動運動を調整することでストレスや食べすぎなどによって生じた便秘や疝痛を鎮めます。またお腹に溜まったガスを取り去り痛みや苦しさを解消します。ホルモン分泌を調節することで体のシルエットを整える働きも知られています。

心に対して)
過剰な食欲などの欲望をセーブし、本来の自分の姿で生きる力を与えてくれます。
---------------------------------------------------

食べすぎ・飲みすぎで胃腸の調子が悪いときにも大活躍。甘い薬草系の香りが温かくオナカを癒してくれる。清清しく爽やかなペパーミントティーが夏の食後茶なら、フェンネルティーは冬のアフターディナーのティーとして活用しよう。

さらに女性の方々に良いお知らせ。アーユルヴェーダとアロマテラピー(ライト・ミラー他著)によれば、フェンネル精油の効力は幅広く、月経困難症・更年期障害にも有効なうえ、利尿作用があり、肥満を抑える。また乳房を引き締めたり、大きくするためのクリームとしてもよく使われるそうだ。
(精油は茶葉と違い作用はかなり強力。使用量に注意して使用。)


てんびん
posted by Mikura at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。