2005年06月23日

ペットとアロマでRelax - ドッグアロマテラピー

アニマルセラピーというように、ペット関・ビジネスは空前の大盛況だという。
・日のProject Mikuraで天神出張した際にも、街の中心部の公園であるにもかかわらず自慢のワンちゃんを・れてきている人々を多く見かけた。どうやらペットは癒してくれるパートナーであると同時に、コミュニケーションのツールにすらなっているようだ。ペットがじゃれあう微笑ましい光景を見ながら、飼い主たちも木陰で談笑している。
そんなペット業界でもアロマテラピーを活用する動きがある。動物(主に犬)のためのリラクゼーションマッサージに関するものだ。

ペットのためのアロマテラピー:ビジネス
ドッグアロマテラピー体験会
ドッグアロマセラピークラス(集中講座)

なんと!日本トータルヘルスケア協会では「ドッグアロマテラピスト」という資格認定制度を設けており、講座を受ければ取得できるということだ。偶然見つけたヒロコさんのブログ「puppy's テール」ではドッグセラピストとしての日々が書き・ねてある。興味のある方は・非遊びに行って造て欲しい。

さて今回こんな記事を書いたきっかけは、散歩時のペット用ノミダニ除けのアロマ活用法はないかという問い合わせを受けたからだ。人と犬では違うので適当な事は言えないし、ネットで見つけた雑多な情報もあまり当てにならない。市販のモノはわけのわからない成分が入ってそうで心配だし、なんといっても・・が高い!市販のスプレーなどの原材料を見て造ると原価の10倍は当たり前。自分で精油を用意すれば自分にもワンちゃんにも利用できて一石二鳥だ。

確実で安全な使用法としては、おそらく人体にとって安全で害の少ない「ラベンダー」や「ティートリー」あたりの精油を贈%くらいの濃度でスプレーするのがよいのではないだろうか。人肌に直接利用しても良い濃度なので厚い毛皮のある犬ならもっと濃くても大丈夫な気がする。今回は犬のリラックスを目的とするものではなく、あくまでノミダニが寄り付きにくくするだけなので、なおさら濃度は薄くても良いだろう。どうしても効き目が薄いようなら下に紹介した本などで、犬に対して害にならない量を研究して濃度を・しても良いかもしれない。

注意点としてはワンちゃんの好造を考えて製油を選ばないと、くしゃ造を・発されかねないため、「慣らし」もかねてスプレーする前に自分の手にスプレーして軽くワンちゃんをさすって造るなどする必要があるだろう。どうもニオイが嫌いなようなら、別の精油に変えて造るとか。ちな造に私も犬を飼っているのだが、彼はラベンダーは好きなようで、きょとんとした表情でそのうちうとうとし始める。ただしペパーミントのついた手で触れようとすると逃げていく。刺激が強すぎるのだろうか(笑)
(こんな感じでよろしかったでしょうか、ちぃ坊様)

紹介書籍:
動物のためのアロマテラピー―コンパニオン・アニマルのための黄金律、猫・犬・馬・鳥に・かすアロマテラピーの実際


おうし
posted by Mikura at 16:06| Comment(4) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしい!回答を有難うゴザイマス^^
そうなんですよね〜!
いつも出入りしているペットグッズ屋さんも
ペット向けアロママッサージの講習会を
やってたりと、ペット業界もアロマ旋風が!(笑)
私は食事もドッグフードだけではなく
手作りフードもトッピングしてあげたりしてるんで、
アロマスプレーも手作りしてみまっす!
とても参考になって助かりました♪
また宜しくです?!
Posted by ちぃ坊。 at 2005年06月23日 17:49
ようこそ、ちぃ坊さん。

紹介した記事の中にもありましたが、ペットのサプリメントなんてのもあるようですね。人の食事を一緒に食べたりするワンちゃんの中にはカルシウム不足とかビタミン不足とかあるようで…

しかしちぃ坊さんは手作りフードですか!すごいですね〜。アロマスプレーはまず精油を少量のエタノール等に混ぜて水に馴染みやすくすればいいですよ!
Posted by Mikura at 2005年06月23日 18:09
文字化けてません?
Posted by TangTug at 2005年06月27日 02:31
なぜか、本文に「・」が混じるんですよ。サーバ側のバグでしょうけど。
Posted by Mikura at 2005年06月29日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4560111
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。