2007年11月13日

第十一

一直線に重力のイカズチが下り

小さく柔らかい山肌は蹂躙される

伝令は黄金の馬を駆るのを躊躇い

降りしきる雨の中に惑うのだ
posted by Mikura at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 星詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。