2008年05月26日

占星術師は数脳を刺激せよ!

占星術師は、数学をやるといいですよ。

特に数の原理を抑えるのは、必須です。

1+1=2とか、

2x2=4とか、

そういう、簡単な計算でもいいので、

その現象を注意深く思考してみて下さい。


0と1の違いの本質とか。

1と1が合わさって、

2という概念に飛躍することの重大さ。

主体と客体にもうひとつの視点が加わり、

3になることの意味。

そんな、一見なんでもない事を、

追求してみると、

抽象世界の理解が深まります。

(そしてそれこそが占星術理解の極意なのです。)


数学をロマンティックに勉強したい方に、

オススメの本は。



posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。