2011年01月24日

本日の励まし占いTV

17:30から、緊急スタート!

2011年01月15日

本日の励まし占いTV

13:00より開始です☆

お楽しみに!!

2011年01月11日

本日の励ましTV

もうすぐ開始です。

2011年01月09日

本日も二コ生「励まし占いTV」

今日もやります!

2011年01月05日

二コ生配信予約テスト

テストで二コ生の予約機能を使用してみます。

2010年12月05日

MikuraTVのニコニコ生放送 - 完全匿名で双方向鑑定!

ただいまニコニコ生放送にて、完全匿名制で双方向性占い鑑定、

「励ましTV」やってます。

占ってほしいかたは、じゃんじゃんアクセスしてください☆

http://com.nicovideo.jp/community/co548641

【ニコニコミュニティ】MikuraTV

【ニコニコミュニティ】MikuraTVの生放送



2010年11月24日

iPADから送信テスト

SeeSaaのiPADアプリをインストールしたので、ちょっとテストしてみます。

どんなもんだろうか??

2010年03月08日

マッコリ好き

マッコリを欧米人は、「ライスシャンペン」と呼ぶらしい。

韓国旅行で飲んだ、マッコリに相当ハマってます。

美味しかった〜。

2010年01月12日

西洋占星術ソフト「アマテル」

西洋占星術では、ずっとスターゲイザーを使用していましたが、

最近、「アマテル」という無料ソフトの存在を知りました。

スターゲイザーは、素晴らしいソフトなのですが、

著作権の主張が厳しいので私のYouTubeやらBlogでの表示が、

できないでいました。

しかし!!

このアマテルではそういった制限が一切ないという、

非常に大判振る舞いなソフトとなっております。

機能もスターゲイザーに比べても遜色はありませんし、

WIN&MACの両OSに対応というのも嬉しい。

最近は私もこちらを利用する機会が増えました。

占星術ファンの皆さんは、要チェックのソフトです☆


アマテル
http://tetramorph.to/

2010年01月06日

Twitterで公開占い鑑定するときの注意点をまとめてみました。また、今後の公開個人鑑定の募集要項もご用意。

Twitterというツールは、不特定多数への公開性、

そして情報の伝播スピードの迅速性という点で、

非常に興味深い、今、旬のメディアだと思います。

この舞台で、私は公開鑑定をすることで実力を試してみたい…

また皆さんに、励まし鑑定の実態を効果的にお知らせしたい…

そういう狙いがありまして、

先日より、Twitterにてネット鑑定を始めております。


しかし、まだ不慣れな事もあり様々な方面からの攻撃を受けました。

皆様の中にも、私のような方法でネット鑑定をしてみたい、

そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また私の無料鑑定を受けてみたいという方のために、

無料鑑定のやり方の概要をまとめてみました。



私のtwitter鑑定は以下の2パターンに分かれます。


1.公募個人鑑定


2.有名人に対するエンターテイメント励まし





1の方は、twitter上でリアルタイムに募集しているもので、

以下の条件で公募しております。

(公募個人鑑定参加の条件)

・相談者は鑑定内容が全公開されることを了解している。

・twitterの使用方法に熟達している。
 (新条件:フォロー30人、フォロワー30人以上)

・希望者は手相画像へのリンクや、誕生日データを、
 公開するか否かは個人の判断におまかせします。



私の鑑定は現在、完全紹介制をとっておりますので一般の方の鑑定は、

通常はやっておりません。

またお値段も、一時間一万円というお値段になっております。

一度の鑑定にかける時間はだいたい一時間ですので、

対面と同価値ではないにしても、それなりの労力をかけています。

ですから、無料で受けて頂ける分、要求される条件も大きくなります。


特に重要なのは、フォロー&フォロワー数の制限です。

なぜこれを設けたかというと、だいたいフォロー&フォロワー数が、

30人を越えた人というのは、twitterの使い方を心得ているからです。

(あくまで私個人が見た、統計的な話ですが。)

#タグの使い方やRTの意味も分からない人では、

プライバシーの保護という観点からみて、

安全に鑑定のやり取りをできるとは思えないからです。

twitterは使い方次第で、2chのようにもなるし、

限られた人しか見ることのできない閉じられた掲示板にもなります。

それを実現するためには、twitter慣れした人でないと、

難しいというのが私の達した結論でした。

道場破り的な偽アカウントでの鑑定依頼を防ぐ狙いもありますし。

というわけで、twitterの公募公開無料鑑定に関しましては、

このようなスタンスで固まってきております。



次に有名人に対するエンターテイメント鑑定に関して。

今まではtwitter上でノリカさんやら石川遼くん、

海老蔵カップル、藤井財務相、松井選手、江原さん、

タイガーウッズ、勝間和代さん、香山リカさんなどなど、

様々な有名人を鑑定してまいりました。

有名人というのは、基本的にメディアに露出しており、

名前を売ることが第一という面もありますので、

話題になること自体、大きなメリットだと思うのです。

また、私の場合は嫌がらせのような鑑定は致しません。

あくまで、ベースは励ま師ですからあまり不快な鑑定は、

しないつもりではいるのですが、

個人情報を公開するのを好ましく思わない方がいるのも事実。

今までは鑑定前に、鑑定対象の誕生日データを公開していました。

こうすることで、占星術を勉強している方と学びの場を共有する、

という狙いがあったのですが…

ここも良くないというご指摘がありましたので、

今後はBLOGで確認とか、wikiで確認というように、

ソース元を提示するだけにとどめることに致します。

勉強中の皆さんにはお手間を取らせますが、

どうぞよろしくお願いします。


というわけで、twitter上で無料鑑定を安全に行うための、

心構えというか、私なりのポリシーをまとめてみました。

何か、お気づきの点がございましたら、お気軽にコメント下さい。

そして、これからもMikuraTVの応援をよろしくお願い致します。

2010年01月05日

twitterとBlog☆連携完了しました。

いつの間にか、ブログとtwitterを連携できるようになっていました。

twitterをやり始めてからというもの、

ややblog離れしておりましたけれども、

長文の場合は、やはり、ブログで書いた方が良いですね。

twitterからの皆さん!

当ブログでは、私のポエムやらCGアート、

他にもアロマの事や旅の事などいろいろアップしております。

カテゴリから選択してチェックして見てください。

2009年12月26日

8分でわかるtwitterの始め方(動画で説明)

8分でわかるtwitterの始め方(動画で説明)


最近、twitter、twitterとウルサい私ですが、

この動画をみれば貴方も簡単に始めれます。

是非、参考にされてください★

2009年12月19日

Contemporary artworks radio by RjDj

久しぶりのコンテンポラリーアートワークスでの作品です。

先日紹介致しました、世界をまるごと空間DJのソフト、

RjDjを使ってのカリンバセッションを収録しております。

CG画像は、いづれもTangTug氏の新作です。

どうぞ、ご覧下さい。

2009年12月16日

iPhoneアプリ『RjDj』 - 世界が丸ごとDJ空間

画期的なiPhoneアプリを発見したので、早速ゲット。

周囲の音源をマイクで拾って、音楽にしてしまうという。。

デモ動画を、どうぞお楽しみください。

2009年12月15日

タイガーウッズ、藤原紀香、江原啓之、勝手に鑑定

最近、twitterがマイブームです。

1記事、140文字という制約の中で、有名人を次々に鑑定していく…

そういった企画なのですが、やってる私も面白くて、

ついつい連続で三人もやっちゃいました。

これからも、どしどし続けていくと思いますので、

興味ある方はtwitterの方も、よろしくです☆

http://twitter.com/MikuraTV

2009年12月14日

iPhoneSDKでiPhoneAPP開発中☆

慣れない操作にもたもたしながらも、

やっとここまでたどり着くことができました。

後は、Flashの時のように地道にやっていくだけです。

まずは、プログラムの初めの一歩、Hello Worldから…


実機でテストするには、年間契約が必要になるので、

クレジットカードがいるそうです。

私、カード嫌いだからもって無いんですよ。

iTuneカードを一万円分くらい買ってきて、登録できんもんかな、、、

もしカード作るとすると、審査とかいろいろあるだろうし、

実機テストまで時間がかかりそうっす。


Kaihatu

2009年12月08日

iTune U - 日本にいながらバーチャル留学

iPhone買ってからというもの、

iTune storeを多用するようになったわけですが…

そのiTune storeの中に素晴らしいコンテンツを発見☆

それが、「iTune U」です。

これは多分、iTune Universityの略でしょう。

その名のとおり、アメリカ中の有名大学の授業内容を、

podcast形式やビデオ形式で視聴することができる、

しかも全て無料放送という、大奮発のサービスになってます。



私のお気に入りは、歴史と心理学、天文学関係のコンテンツ。

片っ端からダウンロードして、暇があれば聞き流しています。

初心者向けの英語教材なんかより、よっぽどいいかも。

初心者向け教材はどうしても、ゆっくりすぎて実用的ではないんです。

大学のクラスで話されているスピードと内容で慣れる方が、

普通の会話とかもできるような気がする…

ちょっと堅苦しい表現とかが多く、砕けた表現はあまりないですが、

教授次第ではかなり親しみやすい英語を話してくれます。


日本発のポドキャストも、東大とかがやっているようですけど、

アメリカのものの方が断然面白い、英語の勉強にもなるし。

一番のオススメは、

Todd Daniel教授のGreat ideas in phychologyかな。

他にもギリシア神話時代の歴史のムービーなんか、シビれます。

もともとiPod nanoは持っていたのですが、

こんなに素晴らしいコンテンツがあるのなら、

もっと早くから気がついておくべきでした。

iTuneって動作が重いから、ちょっと避けていた部分もあったけど。

本当にスゴイです、これ。。。

2009年12月07日

博多をどり鑑賞@博多座

博多座にて博多をどり(日本舞踊)を見てきました。

客層は、ほとんど高齢の方ばかりでしたが、たまに若者もちらほら。

日本舞踊の世界なんて、全く知らなくて予備知識なしで行ったのですが、

素晴らしいのヒトコトに尽きました。


日本舞踊は財産ですね。

メンバー全員の息があってて、動きも非常に洗練されている、

全く違う分野ではありますが、ポイをやっている私にとって、

非常に学びの多い二時間となりました。

顔や首の動かし方、目線のやり方、扇子や笠など小道具の使い方、

動と静の使い分けかた。袖の振り方や、手先での表現。。。

そんなところでも、表現できるのか…と目から鱗の連続。

優美であでやかで、時に強く時に柔らかく。


舞台も、純和風。

芸妓さんも、着物も美麗。

皆さんにも動画で見せて差し上げたかったけど、生憎の撮影禁止。

一見の価値は、ありますよ。

ダンスをやっている人は、必修科目かと思います。

ダンスをやっていない方も、日本の伝統芸を是非体験してみてください。

あ、音楽も良かったです。

三味線と唄がメインで後は尺八とか鼓、

唄の音階とかは現代の西洋音楽には無いような感じとかあったりして。

特に唄とかでは、

ドレミファソラシドと半音の、更に間の音まで表現してる…みたいな(笑)


ちなみに私は博多出身ではないので、わかりませんでしたが、

博多子守唄とか、博多どんたく、博多かっちり節、祝い目出度。

観客にとって馴染みの歌が始まると、

おじいちゃんやおばあちゃんたちがみんなで合唱したり、

手をたたいて拍子をとったりして、、、

ちょっとだけ、博多っ子を感じることができました。


こういう伝統が、「博多をどり」として残っている…

そのことを考えただけでも、博多が昔から都会だったんだなぁ〜と、

感じ入りました。超シャレてるじゃないですか☆

私の故郷の下関なんて、平家踊りですよ(笑)

あれも、あれでいいんですけどね。

ちょっと、「どんたく」に対する親しみがかなり上昇しました。

2009年12月02日

ハルマゲドンと地雷復

あまりにも天気が良いので昼食を終えた後、

庭に出て易経を読んでおりました。

今日は風がないのでもうポカポカの陽だまり。

空は青くて、雲が雄大に流れていきます。

幸せだぁ〜…と油断していたところ。。。


「こんにちは〜。」

と、ニコニコした60過ぎくらいのおじさま&おばさまが、

話しかけてきました。

私も気持ちよかったもので、上機嫌で返します。。。

「気持ちよい天気ですね、読書ですか?」

みたいな話から世間話を始めてきたので、

「この人たちはナンだろう?」

とは思っていたものの、話を続けていると。。。

「実は、今聖書の一文を…」みたいな話になってきました。



口から出たのは「終末の日」。

二人一組での宣教活動、ハルマゲドンを引き合いにだす。

エホバですね(笑)

今や世も末、連続する凶悪殺人、大不況の波。

全ては「終末の日」の…みたいな感じで続けてます。


「こんな世の中を貴方はどう思いますか??」

最後にそう聞かれてきました。

私はちょうど、易経の「山地剥」「地雷復」のところを読んでました。

これは破れたものは、また必ず返る。

日は落ちて、また昇る。終わらぬ冬はなく、また春は来る。

という意味の部分なのですが(笑)


そこで。

「何とかなるんじゃないですか?

凶悪殺人は今に始まったことでもないですし、私達の生活も、

第二次世界大戦のときとかと比べたら、随分マシでしょうし。

また良い時代が来るのをノンビリ待ってますよ。」

と、ニコニコ顔で言うと。

おじ様はちょっとピクッとして、

「それではこの冊子を読んでください。」

と、小冊子を残して立ち去っていきました。



チラッとその冊子をめくって開いたちょうどそのページには…

「クリスチャンは、迷信や目に見えない力に頼るべきでなく、

心をつくして神のみに頼め…」

易とその冊子を見比べて、ギョッとした私。



ですがすぐに、思い直す。。。

果たして聖書でいう神は、

迷信でも目に見えない力でもないのか…と。

これって、結局、何を信じるかどうか…って究極そこに行き着く。

全ては信じる人たちの、好き好きなんだって分かる。


占いなんてのも、実は「考え方」だったりする。

先ほどの、易の「山地剥・地雷復」の話もそうだし、

西洋占星術における人間の幸せの12の方向性とか、

人の意識から無意識にいたるまでの10の機能とか、

人生の勢いの波にのるための、周期を読み解く方法とか。。。

そういったものを駆使してどう生きるか…ってことだから。


聖書の「終末の日」を読んでハルマゲドンが来るから大変だ、

もっと心を清く美しく保たなければ…と考えるもの、

それでその人が幸せならば、良いわけです。


そういう意味では、占いは現世志向が強いかもしれません。

男女関係や仕事でいかにうまくいくかなどの現実問題を、

先ほどにあげたような方法論でもって活用するわけだから。

だから私は占いをスーパーパワーだなんて言いたくない。

あくまでも道具でいいじゃないですか。って思う。

考え方を使いこなすのは、他でもない自分自身なんだから。


な〜んてことを考えさせられた昼下がりの一件でした。

2009年11月24日

論語にトライ

易経を研究していると、そこから派生して中国の古典に行き着き…

論語に興味を持ち始めました。


「論語読みの論語知らず」

論語を読んでいると豪語していても、

全く分かっていない人が大勢いる。

それくらい含蓄のある書物だといわれております。

はたして、私がどれだけ読み解けるのかは分かりませんが、

ちょっとトライしてみることにします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。