2008年11月22日

アロマ・スリープ

そろそろ、乾燥が気になる季節になりました。

そんなときは、

アロマディフューザーで、

香りと湿度をプロデュース。

眠っている間の、喉の乾きには特に効果的。

アロマの熟睡効果も手伝って、

寝覚めもバッチリです。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

鋭利な傷にアロ魔法 - ラベンダー&ティーツリー

昨日、鋭利な金具で指先を切ってしまいました。

傷は爪まで切れており、肉もぱっくり割れていたのですが、

傷口があまりにもキレイだったので、

ラベンダーとティーツリーのアロマ精油を原液で塗って、

おもいきり、リバテープで固定していたら…

わずか12時間で傷は完治してしまいました。。。


ティートリーはアボリジニが消毒用薬草として活用していますし、

ラベンダーには皮膚再生を促進する効能があるとも言います。

そのダブル効果で、無事に回復したのでしょう。

香りもいいし、最初の一時間くらいズキズキしてましたが、

その後は全く痛みもありませんでした。

アロマホウの威力を実感しました☆



ゆび
posted by Mikura at 07:00| Comment(5) | TrackBack(1) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

足指ケア - ムズムズ解消!

一日中、革靴でウロウロしていると、

そろそろヤバイ季節になってきました。

天敵、水虫!

水虫になる前兆みたいな感覚ってわかります??

なんか、足指の間がムズムズしてきて、

そろそろヤバイかな〜って感じ。

先日からの出張で、ムズムズ感が次第に強くなってるので、

今朝、さっそく作りました。

ティートリー水虫撃退オイル☆

作り方は、以下を参照下さい。これで、もう安心。



ミズムシ完全撃退マニュアル by アロマオイル
http://mikura3.seesaa.net/article/3867123.html


b-tt.jpg
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

アロマな匂癖

こんもりハーブに

手を差し入れてね

うつり香を楽しむ

これが最近の日課


カモミル2
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

コネギ自家栽培 - 風味良好

納豆に入れるコネギは、

自家栽培のものに限ります。

取れたての香り高いネギを入れて食べる、

味噌汁やら納豆ご飯のうまさといったら!

スペースは狭くてもよく簡単に増やせて、

お手軽なので、皆さんも是非☆

コネギ
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

葉桜宴

今年の桜は長寿ですね。

まだまだ、ギリギリお花見できるかな??

だとしたら、今日も例の場所へ。


福岡天神中央公園・昼過ぎ

桜の下でポイしようっと☆



葉桜
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

アネモネ・ラブ - 小さい春みつけた

アネモネレッド、みつけました。

語源は、ギリシア語で「風」を意味するΆνεμος (anenos)。


アネモネレッド
(TangTugガーデンにて)


芳しい春の訪れ、三月上旬の昼下がりに相応しい風景。
posted by Mikura at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

生☆カモミール

TangTug氏のハーブ庭園に行ってきました。

カモミール

摘みたてのカモミールの花で作るハーブティー。頂きました。

乾燥させてからの方が、成分が濃くなるそうですが、

摘みたては摘みたてで香りが良いんだとか…

他にもペパーミント、タイム、ゼラニウム、セージ、レモンバーム、ラベンダー、ローズマリーなどなど、

一通りのハーブは全て揃っています。

これから、どんどん成長していくんでしょうね。

収穫が今から楽しみです☆
posted by Mikura at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

フラワーエッセンス - 波動医学の粋

バッチ・フラワーレメディ、始めることにしました。

いろいろ試してそのうちまた、アップしますね☆


abs.jpg
posted by Mikura at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ネロリーナ - 幻想風味の虫除けスプレーはいかが?

久しぶりにアロマの記事です。

Mikuraご用達の「TEA TREE FIRMS」でネロリーナ精油を購入

しました。この精油はあまり見かけない精油なのですが、

限定200本で発売されていたので、さっそくゲット!

とある薬剤師によると、肌にはとても優しく穏やかな精油で、

きちんと希釈すれば子供の肌にも大丈夫…とのこと。

すっきりとしたニアウリの香りにラベンダーの優雅な香りを

加えたような感じで、なんとも形容しがたい幻想的な匂いが

印象的です。人にもよると思いますけど、私は正直、かなり

好きかも。

虫除けスプレーとしても、活用できるこの精油。レモングラス

を使った虫除けよりも、いい感じで仕上がります。

個人的にレモングラスは「夏」って感じの精油なので、

ネロリーナが虫除けに使えるってのはナイスな発見でした。

虫が目覚めるこの季節に、ぴったりなアロマかも☆


☆☆☆ネロリーナ虫除けスプレーレシピ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

水  100ml
精油 5滴程度

※エタノールやウォッカなどに精油を加えて、その後、水と

混ぜた方が溶媒に拡散されやすくなります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


運命の輪.jpg
posted by Mikura at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

オートマティックアロマ - コストパフォーマンスに疑問!?

久しぶりにアロマの話題。

ネットサーフィンしてて、たまたま見つけたニューフェイス。

アロマジュール

これはパソコンにインストールした専用のソフトウェアで
アロマレシピを制御、オブジェのような調香器で香らせるもの。
(USB接続)

6種類の精油を搭載(補充可)でき、時間帯や気分によって
部屋の香りをコントロールできるという。(→詳細

これは画期的だ!と思ったのもつかの間…

値段を見てびっくり。


ちょっとこれは高すぎるのでは…汗

これなら自分でアロマポットに精油を垂らした方が安上がりだし、
アロマチックな儀式性も手伝って気持ちも盛り上がる(笑)

う〜ん、パソコンとアロマの融合はまだまだ先の話か。。。

今のところはこれを持ち歩いた方がまだいいかも。


世界.jpg
posted by Mikura at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

アロマセラピーバトン+α - 私のアロマ履歴書

「アロマセラピーバトン」をパスされたので答えてみた。(暇だったのでつけ加えてみたりして。)

1.最近使ったオイルは?

部屋で・・・ベルガモット&スペアミント
実用で・・・ティートリー(足のマッサージオイルとして)


2.ここ最近一番いい香りだと思ったオイル

タスマニアンラベンダー(ティートリーファームズ


3.持っているオイルの中でのお気に入りナンバー3  

No1:タスマニアンラベンダー(ティートリーファームズ
No2:サンダルウッド(ティートリーファームズ
No3:ローマンカモミール(フレーバーライフ

続きを読む(30問有)
posted by Mikura at 11:21| Comment(6) | TrackBack(4) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

アボリジニの万能薬 - ティートリー

ティートリー(ティーツリー)はオーストラリア原産の植物で、原住民のアボリジニによって大昔から万能薬として用いられてきたという長いハーブの歴史を持っている。アロマテラピーにおいてもその地位は高く、現在では万能の精油とうたわれる「ラベンダー」と同じくらいに全世界で重宝されている精油。

注目されているのは、その殺菌・消毒作用だ。また最近ではエイズ治療(免疫力の向上)にも用いられるといった例もあるほど。さらに素晴らしいことに、それだけの殺菌力を持っていながらして、人体には極めて優しいという性質があるのだ。当ブログでも何度か使用例を掲載してきた。(特にミズムシ・喉痛に対する効力は絶大!)

(ティートリー紹介記事)
・ミズムシ完全撃退マニュアル by アロマオイル
・アロマで「喉痛」完治 - 風邪の早期対策
・ペットとアロマでRelax - ドッグアロマテラピー


これより先は私が愛用しているティートリー精油の情報。ここを知ってからというもの、どうしても他で精油を買う気になれない。興味のある方だけどうぞ。

続きを読む
posted by Mikura at 11:21| Comment(2) | TrackBack(1) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

ペットとアロマでRelax - ドッグアロマテラピー

アニマルセラピーというように、ペット関・ビジネスは空前の大盛況だという。
・日のProject Mikuraで天神出張した際にも、街の中心部の公園であるにもかかわらず自慢のワンちゃんを・れてきている人々を多く見かけた。どうやらペットは癒してくれるパートナーであると同時に、コミュニケーションのツールにすらなっているようだ。ペットがじゃれあう微笑ましい光景を見ながら、飼い主たちも木陰で談笑している。
そんなペット業界でもアロマテラピーを活用する動きがある。動物(主に犬)のためのリラクゼーションマッサージに関するものだ。

ペットのためのアロマテラピー:ビジネス
ドッグアロマテラピー体験会
ドッグアロマセラピークラス(集中講座)

なんと!日本トータルヘルスケア協会では「ドッグアロマテラピスト」という資格認定制度を設けており、講座を受ければ取得できるということだ。偶然見つけたヒロコさんのブログ「puppy's テール」ではドッグセラピストとしての日々が書き・ねてある。興味のある方は・非遊びに行って造て欲しい。

さて今回こんな記事を書いたきっかけは、散歩時のペット用ノミダニ除けのアロマ活用法はないかという問い合わせを受けたからだ。人と犬では違うので適当な事は言えないし、ネットで見つけた雑多な情報もあまり当てにならない。市販のモノはわけのわからない成分が入ってそうで心配だし、なんといっても・・が高い!市販のスプレーなどの原材料を見て造ると原価の10倍は当たり前。自分で精油を用意すれば自分にもワンちゃんにも利用できて一石二鳥だ。

確実で安全な使用法としては、おそらく人体にとって安全で害の少ない「ラベンダー」や「ティートリー」あたりの精油を贈%くらいの濃度でスプレーするのがよいのではないだろうか。人肌に直接利用しても良い濃度なので厚い毛皮のある犬ならもっと濃くても大丈夫な気がする。今回は犬のリラックスを目的とするものではなく、あくまでノミダニが寄り付きにくくするだけなので、なおさら濃度は薄くても良いだろう。どうしても効き目が薄いようなら下に紹介した本などで、犬に対して害にならない量を研究して濃度を・しても良いかもしれない。

注意点としてはワンちゃんの好造を考えて製油を選ばないと、くしゃ造を・発されかねないため、「慣らし」もかねてスプレーする前に自分の手にスプレーして軽くワンちゃんをさすって造るなどする必要があるだろう。どうもニオイが嫌いなようなら、別の精油に変えて造るとか。ちな造に私も犬を飼っているのだが、彼はラベンダーは好きなようで、きょとんとした表情でそのうちうとうとし始める。ただしペパーミントのついた手で触れようとすると逃げていく。刺激が強すぎるのだろうか(笑)
(こんな感じでよろしかったでしょうか、ちぃ坊様)

紹介書籍:
動物のためのアロマテラピー―コンパニオン・アニマルのための黄金律、猫・犬・馬・鳥に・かすアロマテラピーの実際


おうし
posted by Mikura at 16:06| Comment(4) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

ユーカリオーラを纏え

近年、冬になると必ずといって良いほど強力な伝染病が登場するようになった。一昨年はSARS、去年は鳥インフルエンザ。今年は一体どんなウィルスが登場するのだろうか。

空気感染するウィルスを避けるためには、マスクの着用や人ごみに近寄らないなどの対処法がある。しかし都市に住む人々は人混みをさけて行動することは難しいし、マスクもそうそうつけていられるものでもない。

そこでオススメが「ユーカリオーラ」。

ユーカリには強力な殺菌・抗菌・抗ウィルス作用がある。電車の中など人が多く空気が澱んでいるところに行く時にはユーカリ精油を数滴垂らしたガーゼを胸ポケットに入れてみたり、「アロマカード」などを利用してウィルスから身を守るオーラを纏うのだ。

風邪をひいた家族がいる場合には(皆さんが嫌がらなければ)居間や台所などに、アロマポットでユーカリを香らせるのもいいかもしれない。


審判.jpg
posted by Mikura at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマカード

ネットで購入した「アロマカード」のご紹介。

Aroma Card

実物は↑こんな感じである(カードを開けた状態)。
これが1260円か…と、はじめはやはり微妙な心境だったが、使ってみるとこれがなかなかのシロモノ。ワンタッチで通気孔をスライド開閉できるため、香りのON/OFFが極めて簡単。

今まではちょっと香りがキツイなと思っていても、ティッシュに染み込ませていた場合は捨てるしかなかった。しかし、これだと自由に芳香度をコントロールできる。サイズも名刺大で、胸ポケットにも入るしバッグに入れてても邪魔になることは無い。少しだけ香りが漏れるようだが、気になる程ではないのだ。

ユーカリやレモンのようなトップノートは、中の芳香紙を外に出して一日も置けば香りが飛んでまた別の香りを楽しめる。しかし、バニラやサンダルウッドといったベースノートの香りは結構残るようなので、これらのベースノートには別の芳香紙を用意した。

精油は使ってなんぼ。特に柑橘系の精油は酸化の進行も早いので6ヶ月以内に使えと言われているくらいだ。そのくせ光毒性などがあり肌への使用は躊躇われる。減りが少ないのだ。そんな眠っている精油を活用するためにも、このカードは役立ってくれるに違いない。なかなか良い製品だと思う。これでまたひとつアロマが身近になったような気がした。

posted by Mikura at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモミールミルクティー

寒い夜、疲れ果てた心身を温めるのにオススメのティー。それがカモミールミルクティー。
まったりととろみのある白いミルクから、ほんのり淡いカモミールの香りが漂います。
 
作り方はいたって簡単。市販のカモミールティーを買っきて、電子レンジなどで温めたミルクに入れるだけ。あとはお好みに合わせて黒砂糖などで甘みをつけてお楽しみあれ。

あ〜超リラックス。


おうし
posted by Mikura at 13:04| Comment(0) | TrackBack(1) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

アロマで冷えをフットバス

冬の足音がヒタヒタと迫ってきている師走前。
せっかく風呂で温めた体も、夜中のネットサーフィンやテレビ鑑賞などでどんどん冷えてしまう。最近は灯油もどんどん値上がりしているので、貧乏な私はあまりヒーターをつける気にもならない。しかしフローリングの足元からは容赦なく冷気が迫ってくる。
このように足がコチコチの状態じゃ、寝付くのにも時間がかかってしまうのだ。

うーっ、寒い!
いくら靴下とスリッパで重装備しても寒いものは寒い。

そんな時の簡単アロマ対処方が「アロマ足浴」。
使える精油は以下のような精油を組み合わせて足浴してみよう。

(血行循環促進)
・マジョラム(Image)
・ブラックペッパー(Image)
(鬱滞・鬱血除去)
・サンダルウッド(Image)
・ジンジャー
・ゼラニウム(Image)

☆☆☆☆☆アロマ足浴☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

@足首まで浸かる大き目の容器を用意。
A風呂の残り湯を容器に張り、精油を合計三滴加える。
Bあとは、5分程度足を浸けておくだけ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

特に寒いときにはジンジャーやブラックペッパーなどの少し強めの精油を用いる。生姜湯なんかをすすりながら足が温まるのを待つのもいいかもしれない。

※肌の弱い人はマジョラム・サンダルウッドをオススメ。


おひつじ
posted by Mikura at 13:33| Comment(0) | TrackBack(1) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハーブとアロマ de ダイエット@ - フェンネルティー

フェンネルは古くから薬草として医療の現場で用いられてきた伝統のあるハーブ。心と体の両面から「食」をコントロールしてくれるすぐれものだ。林真一郎氏の「アロマテラピーの事典」には次のようにフェンネルの効能について記述されている。

引用-----------------------------------------------
身体に対して)
胃や腸のぜん動運動を調整することでストレスや食べすぎなどによって生じた便秘や疝痛を鎮めます。またお腹に溜まったガスを取り去り痛みや苦しさを解消します。ホルモン分泌を調節することで体のシルエットを整える働きも知られています。

心に対して)
過剰な食欲などの欲望をセーブし、本来の自分の姿で生きる力を与えてくれます。
---------------------------------------------------

食べすぎ・飲みすぎで胃腸の調子が悪いときにも大活躍。甘い薬草系の香りが温かくオナカを癒してくれる。清清しく爽やかなペパーミントティーが夏の食後茶なら、フェンネルティーは冬のアフターディナーのティーとして活用しよう。

さらに女性の方々に良いお知らせ。アーユルヴェーダとアロマテラピー(ライト・ミラー他著)によれば、フェンネル精油の効力は幅広く、月経困難症・更年期障害にも有効なうえ、利尿作用があり、肥満を抑える。また乳房を引き締めたり、大きくするためのクリームとしてもよく使われるそうだ。
(精油は茶葉と違い作用はかなり強力。使用量に注意して使用。)


てんびん
posted by Mikura at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

三蔵の秘薬 - サトリクリーム

アロマで「喉痛」完治@ではラベンダーとティーツリー精油のブレンドオイルを取り上げた。しかし、上記二つの精油を組み合わせるとちょっと薬品臭い感じに仕上がってしまうのが難点だ。そこで!今回は甘くて上品、ちょこっとだけ高級な「のどぬり薬」のレシピをご紹介。


☆☆☆☆☆ハイクラス喉痛治癒オイル☆☆☆☆☆

@キャリアオイル10ml(ホホバオイル等)
Aサンダルウッド2滴・ミルラ1滴・乳香1滴

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

@・Aをよく混ぜて喉(首筋)に塗りこむ。喉がすーっとして、しばらくすると痛みがひく。あとは温かい服を着て体を冷やさないようにしていれば、しばらくしてすぐに体は本調子になるはず。(あくまでも風邪の初期症状の喉痛に対する効果だが…)

サンダルウッドはインドの高僧が愛用していた精油。乳香はエジプトやキリスト教で神の香りとされている。ミルラはミイラ作成の際の秘薬として用いられた。要するにこれらの精油は、どれも古来より神聖視されていた最強のトリオブレンドなのである。

喉に塗るだけでなく、こめかみに塗ればリラックス効果も期待できる。またその甘くて不思議な香りを嗅げば何だか瞑想チックな気分になってくるのも気のせいではないだろう。私は勝手に「サトリクリーム」って名前をつけて愛用してたりする(笑)。


愚者.jpg
posted by Mikura at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。