2009年06月05日

仕事

結局、仕事って、自分との戦い。

これでいいと、OKレベルを低いままにしてると、

いつまでたっても成長できない。

限界からの努力が自分との戦いなのに、

限界までいってないってことは、

まだ自分との戦いの土俵にすら、

立ててないということかもしれない。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

re-デキル

自分にはできないと思い込んでいると

何でもものにすることはできないんだ

まずはできると信じこむことが大切だ

そうでなきゃ行動なんて起こさないし

行動しなけりゃできないに決まってる

結果できなくてもあきらめず継続して

いつかはできるようになるはずだから

そうやってできないまま生きるよりも

悪くないし悔いもないだろうとおもう


posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

風流な事故

大変な不慮の事故も

風流に捉えれるなら

一流に近づいた証拠
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

人生の消費期限

自分の期限が分かるのは

怖いことなんだけれども

素晴らしいことでもある


期限が決まっていた方が

何事も全力でやれるから


だから人生の賞味期限は

自分で設定してしまおう
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

星気ドラマ

毎晩星気をみつめているとね

今の時代は宇宙が世界にドラマを

求めているってことがね

つくづくわかるんだよね
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

ふっかつのじゅもん

ゲームの主導権を取り戻すのは簡単

言い訳をやめればいいだけだよ


全ての責任は自分にあるんだから

何が起こっても言い訳しないで

自分の人生に起こる全てのことの

尻拭いをする者だけに

リセットボタンを押す権利があるし

次のゲームを選ぶ権利も生まれるんだ


ドラクエで敵に負けても

ドラキーが悪いんじゃないくてさ

自分がホイミかけなかっただけじゃん

ホイミ覚えてなくてもね

やくそうがあるだろ?


ドラキーに文句いうヤツは

カッコワルイよね、かなり。


c1d05f380f5c4ed0.jpg
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

ゲームの主導権

人生、なかなか上手くいかないこと、

思うような結果が得られないこと、

多々あるんだけどさ。

やりかけたゲームは、

責任もって終わらせたいよね。

ハッピーエンドか、バッドエンドか、

まだまだ喰らいついていくか、

ウジウジせずにスッパリ諦めるか。

どっちでも、いいのさ。

ゲームの主人公は常に、

俺達自身だし、

世界にはもっとたくさんのゲームが、

あふれているんだから。

人生の主導権は常に、

俺達ひとりひとりの、

手の中にあり。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

のろのろしんぽ

昨日よりもちょっといい感じの今日

それをつみ重ね続けていけば

良い未来を紡ぎだせるんだと思う

昨日よりもちょっとだけでいいんだ


まぁ一日単位で見たら

行きつ戻りつすることもあるかなぁ

それなら

先月よりもちょっといい感じの今月

去年よりもちょっといい感じの今年


究極いったらね

前世よりもちょっといい感じの今世とかも

ありかもしんないよね
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

月と土星のパス

日常的でつまらないけれど

生きるために必須で大切な

もろもろの物事をやりぬく

その幸せをかみしめてみる

月の蓄積はやがて土星へと

つみかさねられてゆくのだ
posted by Mikura at 07:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

あそぼう!

仕事は与えられるものでなく、
自分で創るものだと、
よくいうけれど。

趣味や遊びこそ、
自分で工夫して、
どんどん創っていきたいよね。

型にはまらない、
遊びがしたい。
posted by Mikura at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

百年後の世界

今ある現実は、

永遠に続かない。

世界は変化してゆく。


例えば、僕たちの命は、

いつか必ず無くなる。

百年後には、死んでる。


だから、

後悔しない道を

選ばなきゃ。


僕らが死ぬことは、

決まってるんだから。

満足できる人生にする。


とにかく、行動から。

はじめよう。


何やっていいか、

わからない人は、

どうするのかって?


そうだね。。。

僕に会いにおいでよ(笑)
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

温かくて美味しいものを選ぶ癖

何をするにしても

恥ずかしがったり

躊躇ったりするのは

本気になってないからだよ

人生を楽しむことに

本気になれた者だけが

ぶっ飛べるし

最高の人生を生きる


本気になったご褒美は

とても温かく美味しいが

本気になれなかった後悔は

限りなく苦くて冷たい。

そしてその両方が

人生の真実だ


でも今は

温かくて美味しい方を

望んでる自分を選ぼうかな
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

人生の全てのフィールドで本気になる

人って、ついつい自分が本気になるフィールドを選びがち。

あれはやるけど、これは気をぬく。

例えば、仕事はするけど家庭サービスは適当とか、

遊びは熱心だが稼ぎはイマイチとかね。

でもそれって。

なんか、もったいないんだよね。

今まで自分もできてない分野があったんだけど。

そろそろ全分野本気で、

生きたい、

活きたい、

逝きたい。


全分野、本気で生きる価値があると思うんだよ、

俺達の人生って。

適当なんて、そんな失礼なこと、できないよね。

愛おしの、我らが人生だものね!
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

自分の納得のいく人生をきちんと生きるために

生きていくということは選択の連続です。

しかし、そんな無数の選択の中において、

我々はいくつか、究極の選択というものに出会います。


○○か、○○か?


その両対象に思い入れが深ければ深いほど、

選択するときの葛藤は身を引きちぎるものとなります。


物理的にどちらか一方しか選べないという状況のなか、

選択の期限がどんどん迫ってくる…

そのときの心境たるや、焦げるような思いです。


しかしながらそんなときこそ、

自分の本質が問われていると考えなければなりません。

絶対にどちらかひとつしか取れないのであれば、

どちらかを選ばないと前に進めません。

そしてどちらを選ぶかは、その人の価値観次第なのです。


そこで揺らいでいるうちは、

真の軸を手に入れているとはいえない。

揺らぐというのは、自分の本質を理解できていないということ。

自分にとっての真偽が明確ではないということ。


そしてさらに、そんな時に一番やってはいけないことは、

「何で今、このような選択をせねばならないのか…」

と自己の運命を呪うことです。

自分を犠牲者にしたところで、問題は解決しない。


だから正解は、その運命を受け入れて「選択」をすること。

心の底から湧いてくる、静かな声に耳を傾けること。

その心の声は、真実の声です。

そして、その声にしたがって生きることが、

己の人生に責任をとることだと思うのです。

その選択をして絶対に良かったと、自分に自信をもてること。

それが一番重要なんだと思います。


一時的には騙せても、本質的には決して騙せないのが自分の心。

だから、自分の気持に誠実に、生きたい。

それが、『人生をきちんと生きる』真髄だと感じます。

自分を偽った選択をする人は、

結局何も成し遂げることは、できない。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

手相鑑賞士。

鑑定=鑑(かんがみる)+定(さだめる)

鑑賞=鑑(かんがみる)+賞(ほめる)

どっちかっていったら、

下の方が気持ちよさそうだよね。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ギアチェンジの勇気

車のギアをローからいきなりトップに入れると、

メカに多大なる負担を与えてしまうのも真実。

だからロー、セカンド、サードと、

順番にもっていく必要があるんです。

何度も言うけど、いきなりローからトップは無理だ。

だけど、ローからセカンドにすらいけない君は、

勇気がないと言わざるを得ない。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

人価上昇

株価は乱降下してるけど

密かな一本の流れがある

人脈価値が急上昇してる


いざ鎌倉!というときに

助けてくれるなかまたち

今まで以上に大切にしな
posted by Mikura at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

インターネット教

僕らは何か不安になったり

分からないことがあるとき

すぐにネットを開いて検索

ウェブ情報にお告げを聞く

それが真実かどうかなんて

全く確証はないんだけれど
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

死生観入門は、お墓参りから。

ある有名占い師が、

先祖の供養とお墓参りは大切!

と、言われてますけど、

占い師がいうまでもなく、

常識でお墓参りは大切です。


死生観を育むためにも。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

愛の時代

お金だけでは、物が買えない時代...

そんな時代がくるかもね。

そんな時、重要なのは、

いい人であり、愛されてること。

いくらお金があっても、

悪い奴、嫌な奴には、

売ってくれない。

基本、好かれてないと、

サバイバルできないみたいな。

そんな時代でも、

生き抜けれるように、

愛をもって生きよう。
posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Arts(Poem) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。