2006年02月19日

7時間半の耐久レース - ロハスセレブの集いで☆

行ってきました、「アートカフェ桃の木」。

北村直登さんの作品展オープニングパーティのプチイベント

として、無料手相鑑定させて頂いたのですが…

パーティ始まってすぐに、手相を鑑定し始めて、気がついたら

深夜2時半になってました。

まさに怒涛のごとく、次から次に来てくださるお客様を前に

Mikuraのテンションは上がりっぱなしでした☆

今回は特別に、深い相談内容をお持ちの方に対しては、西洋

占星術のホロスコープもご用意し、複合的に鑑定しました。

お蔭様でかなりの好評を頂けたようで、私も大満足。


ずっと鑑定を続けていたため、周囲で何が起こっているかは

あまり把握できませんでしたけど^^、福岡でも大活躍中の

ハウスミュージックのDJ軍団が始終、クールな音の演出を

続け、また北村画伯の作品群がアットホームな空間を創り

出していました。夜も更けると音は爆音になり、陽気な皆様は

ダンスを始める始末。(あ〜、踊りたかったぁ〜♪)



またイベント全体を通して強く感じた、桃の木のコンセプト。

それは桃の木のお客様層に、一番顕著に現れていました。

まず第一に、上昇志向でいてなおかつロハス志向の素敵な女性が

主な雰囲気を作り、そこにそんな輝ける女性を縁の下の力持ち的

な感覚で男性が支える。


【ロハス】
Lifestyles Of Health And Sustainabilityの略。
地球環境保護と人間の健康を最優先し、
持続可能な社会の在り方を志向するライフスタイル。



この素敵な雰囲気のモトとなっているのは、やはり、お店を切り

盛りしている名物女将(^^)さんを、意匠職人の旦那さんが陰で

サポートするというスタイルから、自然と醸し出されているの

でしょう。


そんな桃の木で鑑定していると、お世辞ではなく本当に素敵な

方々が次から次にあらわれて、深夜二時半にすべてを見終わった

ときには、疲労も忘れて大満足でした☆

このような機会を下さった、「アートカフェ桃の木」さん。

そして画家の北村直登さん。本当にありがとうございました!


おとめ
posted by Mikura at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

北村直登作品展 - オープニングパーティ

突然ですが、要チェックイベントのお知らせです。

場所は先日、ご紹介しました「アートカフェ桃の木」。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

日時:2/18(土)19:00〜
場所:アートカフェ桃の木(大分県日田市)
    http://momonoki.info/
   北村直登 作品展オープニングパーティ
会費:ドリンク実費のみ

作家を囲んでのパーティ。
http://ameblo.jp/momonoki-hita/entry-10009191094.html

(当作品展は3/29までやっています。)

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


↑明日、このイベントに参加してきます!

おまけイベントとしてMikuraの無料手相鑑定も行います。

日田まで足がある方、是非お越し下さいね☆


てんびん
posted by Mikura at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

Mikuraのごちそう - 皆様の幸せ報告☆

報告が遅れましたが、先週末、占星術予約をこなすため、

PMIでも報告しない「隠れ抜き打ちPM」をイビサルテ

にて行いました。

たまたまパーティ予約の方がいらっしゃったおかげで、

予約鑑定終了後も大盛況で夜はどんどん更けていきました。

もうそろそろ、受付終了にしようと思ったその時、駆け込みで

Mikuraの小部屋に入ってきてくれた方々がいました。


  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


それは二ヶ月前のこと。

私がまだMixiを始めたてで、のんびり鑑定していた頃に、

ここ、イビサルテで手相鑑定を受けて頂いた方々でした。

Aさんは、自分の夢に向かって今にも一歩を踏み出そうと

されていた方。そしてBさんは、恋に直面し、これから

どうしようと悩まれていた方。


仕事と恋路(ユニコーン風に言うとヒゲとボイン?)。

人生の二題テーマのご相談がとっても対照的で、私もはっきり

覚えていたのですが、そんなお二人が両方とも最高のご報告

を持ってきてくれました。


Aさんは自分の夢に向かって大きく前進!2ヶ前からは想像

もできないほど大きな冒険に踏み出して、キャリアアップの

道に打って出ました★


Bさんはなんと!ご自分の女性の魅力を更に開花させ、

新たなパートナーを見つけて、目くるめく恋の渦中にあると

いうことでした☆


私も二人が二人とも順調に行っているのを見聞きして、

狐につままれたような気がしたのですが、私の「励まし」

が少しでもお役に立てたのであれば、本当に嬉しいし、

そのようなご報告を聞くのは、千金に値する喜びです。


これらの結果は、全てAさんやBさんの努力の賜物。

私は、ほんのわずかに「励まし」て、後は皆さんの可能性

にお祈りすることしかできません。

だからこそ、私をきっかけとしてうまくいっている方々を

私は心から尊敬するし、これからも幸せに成功していって

ほしいと祈ってやまないのです。


(ここでは仮にAさん、Bさんとさせて頂きましたが、)

嬉しいご報告、本当にありがとうございました!

そして今まで鑑定受けた事のある、皆様。

Mikuraは嬉しいご報告、心からお待ちしてます☆

PMに来て頂ければ、次なる「励まし」をおすそ分け致し

ますので、どうぞよろしくお願いします^o^/


感謝
posted by Mikura at 17:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

悪夢から… - 企業戦士もアーティストデート!

今朝、夢を見ました。

それは私がかつて都会で働いていた頃、朝の一場面。

通勤途中の光景がリアルにありありと浮かんできました。

最近では思い出す事すらできなかった遠い日々の記憶。

2年間、毎日通った駅までの道程さえも思い出せなくなって

いたほど、自動的に通勤していたのが分かりました。


「メガネスーパー」の店員がシャッターを開ける音、

毎日、日経を買ったキオスクのおばちゃんの眠そうな顔、

コンビニで買ったお決まりの朝食を頬張りながら、

駆け抜ける改札口、人でごった返すプラットフォーム。

ギチギチに詰め込まれる電車、一時間の夢遊病状態。


誰よりも早くから、誰よりも遅くまで、

仕事一筋で働いていました…

歯車のぬるま湯の中で、

精神が凝り固まってゆくのをただ眺めながら、

飼い太りのの給料と虚ろな見栄のために、

わが身と心を売り飛ばしていました。


会社付合いの飲み会と運動不足で体はブクブクと肥え、

ベルトとネクタイが奴隷を繋ぐ鎖のように体を締め付けます。

パソコンとの長時間の睨めっこは視力を削り落とし、

訪問先の顧客に見せる、偽の笑顔が顔に張り付いてゆきます。


隣の席の上司が微細な誇りを含んだ声で囁きました。

「今日も胃の調子が悪い。」

(俺はこんなに頑張ってる。だからお前もこれくらいやれ。)

私にはそんな上司が、お利口さんにしてご主人様に褒められる

優等生の奴隷長のように見えました…


眼を覚ました時、私は汗びっしょりでした。

二度と戻りたくない世界の夢。

この夢は一体何を象徴しているのか…

朝からずっと考えていましたが、

答えがちょっと見えたのでここに書いておきます。


「ニートじゃねぇ、アーティストだ!」


先日、この記事で私は次のように呼びかけました。

「全ての人間は皆、アーティストとしての才能を持っている。

だからニートはニートに甘んずる事なく、アートしようよ!」


これは、「今の世の中でニートと呼ばれている人々が、

本気になって自分の得意分野を伸ばしてゆけば、日本社会は

今よりもずっと良い社会になるに違いない。」

という思いから発した言葉でした。

しかし全く同じ事が、今、自分の仕事に満足していない、

大勢の企業戦士たちにも言えるのではないかと感じました。


そんな傷ついた企業戦士たちにこそ、本当の自分に触れる

機会を持ってもらい、自分の輝きを取り戻すための

アーティストデート」をやって欲しいと思います。


人生はやはりバランス。

お金だけ、ビジネスだけ、義務だけの人生は、

あまりにもつまらないと思いませんか?

私たちは、遊びも趣味も、アートも恋も健康も、

全てバランス良く手に入れてこそ、

最高の人生を謳歌できるのだと思い至っております。

だからこそ、アートして本当の自分を解き放ちましょう☆


ニートの方々にももちろん頑張っていただきたいですが、

今日の夢から、むしろ企業戦士の方が身につまされた問題かも

しれないと感じ、書いてみました。

「企業戦士も、アーティストデートしよう!」

いかがでしょうか^o^?


力.jpg
posted by Mikura at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

プチオフ会が大成功! - 出張PMの理想形

先週の土曜日は、Mixiのオフ会に行ってきました。

でもこのオフ会、普通のオフ会ではなかったんです^o^

なんとMikuraの手相鑑定付のプチオフ会!


これは私にとって夢のような企画でした。

なぜなら、この記事にも書いたように、

大人数のパーティ鑑定は薄い鑑定になりがちなところが、

そして1対1の鑑定の場合は人が集まりにくいところが、

それぞれ問題となって一長一短でした。


これは8名くらいのお食事メインのオフ会に、

エンターテイナーとしてコラボさせて頂く形を取るので、

鑑定希望者が大人数になることもないのです。

また、雰囲気もアットホームな感じなのでお客様も身構える

ことなく、鑑定を受けていただく事ができます。


私にとっても、お客様と占い以外でも熱く語ったり、

お酒を飲み交わしたり、「仕事」的な役割を持たずに

皆さんと交流することができるという最高の形でした。
(あ、もちろん無料鑑定です。私も会費出します^^)


あまりにも素晴らしく、楽しかったのでMixi内だけに報告

するのはもったいないと思いまして、ブログでも発信させて

いただきました。


これからもたまに「PMプチオフ会」を開催したいと思って

いますが、今のところ当イベントはPMIでも公開しない

シークレットイベントです。

参加するためには、Mixiに加入して頂くしかありません。
(Mixiはイベント作成などの管理機能が豊富なので^^)

ご興味を持たれた方、是非Mixiで私を探してみて下さいね!
(私のマイページでプチオフ情報も発信します。)

※Mixiでは「Mikura」で検索してみて下さい。
※オフ会開催は福岡市内メインです。



かに
posted by Mikura at 17:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

2007年の虹を見たい! - 厚き嵐を越えて

今更ながらですが、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します☆


と、ここまで書くのに非常に時間がかかってしまいました。

実は正月早々から時間は余るほどありました。

しかし、書けませんでした。


ゆっくり風呂に入ってみたり、街が見渡せる丘に登ったり、

読みかけの本を完読したり、、、と色々試してみました。

なのに、何か曇った感じが拭い去れません。


普段の私なら、一笑に付して乗り越えることろですが…

今回ばかりはそうも行かないようです。

理由はわかっているんです。

だからこそ、悔しいというか…やっぱりかというか。


2006年は私にとって、試練の年です。

占いで確かめなくても、感覚的に分かります。

予報はどうでもいいんです、大切なのはどう乗り越えるか。


私たちは天気予報で、いつ台風が来るか分かります。

でも、実際に台風の中に入らなければその辛さや激しさは理解できません。

だから、実際の嵐に対してどう防御策をとるかが成否の決め手になります。

そして嵐に耐え、それを乗り越えた後に、光輝く虹を見ることができるはずなんです。


そこで、、、

私はこの試練の年を乗り越えるために、自らにストイックな課題を課すことにしました。


@英語の学習を再スタートする。(目標:TOIEC700点)

A本業を頑張る。

B西洋占星術の研究を深く進める。(プロ並みまで)

Cビジネスの勉強を行う。(会社経営できるレベルに)

Dスピーチに関する勉強をする。(人前で話せるレベルに)

E本を一冊書いてみる(PM関連のもの)

FGHMixiの目標(→Mixi日記で公表してます)

Iこの時間を確保するためにPM活動時間を半分に。


年末最後の記事を読み返してみると、今の自分と正反対な感じで正直とまどっています。

あれはあれで正しいし、私の本当のビジョンです。

しかし現実的な試練は私の前に重くのしかかります。

次のステップを踏むためにも、絶対に必要なプロセスがあるようなのです。


上に上げた課題をこなすためには、BLOG、PM関連に割くことのできる時間が事実上、50%はダウンします。

だからといってPMを野放しにするわけにはいきません。

ということは、今までの半分の時間でPMの品質を維持しなければならないということになります。


すでに、いろいろな具体策が頭に浮かんでいます。

大きな挑戦になることはわかっていますが、我が力の及ぶ限りガンバリます。

長々と私の目標に付き合って頂いてありがとうございました^^

今年もよろしくお願い致します☆


節制.jpg
posted by Mikura at 17:10| Comment(2) | TrackBack(1) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

ニートじゃねぇ、アーティストだ!! - 幸せ無量大数

思い起こせば、2年前のこと。

Blogをはじめた。

最初は海外で購入してきた数十種類のエッセンシャルオイルを
ネタにしてその香りのイメージを詩にしてみたり、

オリジナルタロットカードをCGで作ってアップしてみたり、

メモ帳遊び的な感覚でBlogを書き溜めていった。

今思えば、それが私の「原始・アーティストデート」だった。

自分の創作活動の場を見出したその瞬間から、

運命が動き出す。


はじめは気が向いた時だけに適当にやっていたBlog更新も、

気がつくといつもBlogのネタになるような事ばかりを探して
いる自分がそこにいた。

ネタが尽きてくると、自分が過去好きだった物事を掘り起こし
新たな生命を吹き込んで、再利用したりもした。

ポイ世界旅行手相占星術・タロット・ヘナタトゥ…etc

そして過去に勝ち取った宝物をひとつひとつ思い出しながら、

忘れかけていた何かをどんどんと取り戻していった。

それはあたかも、自分が心の核へ向かって降りてゆく心の旅
のようであり、

今までのどんな冒険よりもワクワクさせてくれる経験だった。


やがて心の底から湧き出してくるそのワクワク衝動が、
「世界に出たい」と叫び始める。

その衝動を押さえきれなくなった時、
Project Mikura」がこの世に産声を上げることとなった。

手相や占星術などの占いを通して、人を励ますことのできる
才能が自分にはある。

この才能を眠らせておくわけにはいかない、自分のためにも、

どこかで私を待ってくれている誰かのためにも。

そう感じたとき、私は行動を開始した。


福岡の公園で大道芸ポイを回しながら、希望者の手相を見た。

手相を見た人に勇気をあげ、私も同じだけの勇気をもらった。

ひとりひとり、仲間たちが集まってきた。

Blogのアクセス数やコメントも増えていった。

名刺を数百枚配った。

メンター(師匠)を見出した。

次々にアイデアが浮かびはじめ、いろいろと形にした。

店舗内で鑑定させてくれる場所提供オーナーも現れた。

Mixiを知り、出会いの機会が加速した。


今や、過去の自分が同一人物だと思えない。

弱気で引っ込み思案だった小学校時代、

受験戦争に巻き込まれた中学生時代、

高校生のとき経験した大失恋、

大学時代の放蕩生活と世界旅行、

社会人一年目、大企業での優雅で厳しい競争社会、

その挫折とそこから這い上がっていく過程。

どれも自分であり、自分でない。

全ての経験がまるで、過去世のように思えてくる。


もうもとには戻れない。。。

何かの一線を越えたのが、今年だったような気がする。

自分が大好きで得意な事を極めていくことが私の人生。

お金?車?家?女?宝石?

いくら積まれても、自分が好きな事のできない人生など、
生きるに値するのだろうか?


身も心も震えつくようなこの感動に死ぬまで触れていたい。

手相を見て元気になったお客さんが、向けてくれる笑顔。

その笑顔はそのまま、私の喜びの総量に追加される。

手相を見て、明日への一歩を踏み出そうとするその勇気。

その勇気はそのまま、私の勇気の総量に追加される。

こうして、みんなから喜びや愛や勇気をもらえる私は、

世界一の幸せ者、☆幸せ無量大数☆


一人でも多くの人々が、自分の大好きな事をみつけて、
行動、実践して欲しいなと願う。

今日本に急増している、

ニート(Not in Employment, Education or Training)

これはふざけた命名だ。

みんなそれぞれ固有の得意技と性格を持った素晴らしい人間。

やりたいことは必ずあるんだ。

お仕着せ教育は中学校で十分、トレーニングも雇用も、
自分のやりたい事を追求すれば誰よりも上手にできるはず。

だから、その実全てのニートは潜在アーティスト。

大好きで得意な事をとことん追求していく。

それだけで、自分が変わり、周囲が変わり、世界が変わる。


2006年の私の目標。

それは、手相鑑定を通してその人の内に眠る「大好きな事」を
目覚めさせること。

大それた夢ではあるが、一歩一歩、頑張っていきたいと思う。

それでは最後にメッセージ★

「自分のやりたい事を本気でやろう!」
「幸せ無量大数をその手につかもう!」

それでは、皆様、よいお年を!!


愛
posted by Mikura at 12:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

三蔵の手相教室@ - バランスが大事!

手相を見てて勉強になることはたくさんある。

例えば、掌に刻まれた四大主線を見比べていると、やはり人生
バランスだよな〜と実感する。


手の平を横切る長い3つの主線と縦に伸びる1本の線。

横切る方の線は、上から感情線・知能線・生命線。

生命線は横切るというよりも、右手なら右上から手首中央に
斜めに下がっている。

縦の線は運命線。

これは人によって様々な出方があるので一概に縦線と言っても
判断しづらい。柔軟な読み方が必要である。


さて、ポイントはここから。

これら4つの線を見比べてみて、どの線の勢いが強いかで、
自分がどの分野に偏った生き方をしているかが判断できる。


●感情線が極端に強ければ、彼は自分の感情に従って生きている。

感情を上手く使いこなせば、爆発的な愛の力や勇気となって、
人生に潤いをもたらす。

しかし逆に制御できないと感情の荒波に飲み込まれてしまい、
錨のない船のように感情の大海原を流される。

タイプで言うと、盲目の愛に突っ走る「ロミオとジュリエット」。
感動的な人生ではあるが、その行く先には破滅が待っている。


●知能線に勢いがあれば、彼は知能・思考中心に生きている。

優れた思考能力と知性によって人生を切り開くため、モノの理を
しっかりと把握して判断することができる。

逆にこの力が働きすぎると、思考の壁が行動や勇気を邪魔して、
頭でっかちで慎重派になる。考えすぎで行動できないのである。

タイプで言うと、行動前に頭でばかり考えがちな「批評家」。
自己(他者)分析は素晴らしいのに、行動することはない。


●生命線の勢いだけが強ければ、彼は自分の肉体に自信がある。

エネルギー溢れる身体に自信があり、不死身の活力で人生に切り
込んでゆく。体は資本。頭や心だけでは何もできない。

しかし逆にここばかりに頼ると、クリエイティブに動けず(知)、
愛のある行動(心)もできずにただひたすら働く。

タイプでいうと、機械的なパワーを備えた「ブルドーザー」。
持った肉体パワーはスゴイが、それを活かす方法を見出せない。


●強い運命線は、確立されたライフスタイルを示す。

自分が今まで生きてきた人生に自信を持っており、独自の生き様
や人生哲学を強く社会に打ち出している。

運命線は他の主線と比べ、これだけが強いというケースは稀だ。

しかし、もしここだけの力を発揮したとすると、妙に自信だけは
あるが、行動、思考、感情のともなわない人生になりがちに。

タイプでいうと、理想は高いが現実が伴わぬ「ドンキホーテ」。
イメージだけが膨張して現実感覚が希薄。


どの線も、人間の素晴らしい資質を現している。

「心・技・体」+「魂」と言い換えれば分かりやすいかな。

これらのバランスを上手にとりつつ、人生の武器にできたなら、
あなたの人生はどんどん開けてくるだろう。

あなたはどの線の勢いが強いだろうか。

弱い部分を無理に発揮するのではない。

強い部分を上手に使いこなし、弱い部分をカバーする。

そういう風に生きていれば、必ず人生にバランスが生まれてくる。


手相は「今」を生きるあなたのための「羅針盤」。

それは神様からのPRESENT(現在)。

現在の自分(掌)を見つめ、自己にその生き方を問うために、
上手に活用できればいいですね。


運命の輪.jpg
posted by Mikura at 17:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

ヴァーチャルサロン - Mixiの誘惑


以前からの読者の方は、最近「真・織花夢」のアップ頻度が

少なくなったのを感じているかもしれない。

本業が特別忙しくなったわけではないし、

年末の大掃除が大変というワケでもないのだが…


実は…Mixiにハマっているのである。

Mixi内でのお友達が増えてきたため、その交流に時間をかける

ようになり、記事を書くペースが遅くなっているのだ。

はじめはMixiの方がサブ的な位置づけだったのだが、

気づいてみるとBlogの方がサブのような状況に。。。


なぜなら、Mixiの方が断然面白いからである。

理由はいくつか考えられるが、最も大きなポイントは、

「読者の透明性」にあると読んでいる。


ブログではアクセス解析を見たところで、誰がいつ見に来ている

かなんて到底把握しきれない。逆にMixiでは相手の足跡が残る。

そして相手のプロフィールを見る事で、どんな人が自分の日記に

興味を持ってくれているのかが分かる。読者とのメッセージ交換

が楽しくて仕方がない。(相手は私の読者であると同時に、

私は相手の読者…という位置づけになる。)


だからROM(リードオンリーメンバー=読んでいるだけの人)の

人に(シャイな人に対して)、こちらから働きかけてお友達に

なったりすることも可能だし、同じような趣味を持った方なら

一緒にコミュニティを結成したりすることもできるのだ。


特に、私のPM(無料手相鑑定)は対面が基本となる。

そのため、活動の対象は地元の方々ということになる。

そうすると全国に開かれたBlogで周知する意味はあまりない。

それよりも、ローカルなMixiつながりを大切にしながら、

確実にお友達を増やしていく方が、多くの人とアクセス

できるということに気がついた。


と、いうわけで私は現在、Mixi街道を突っ走っている。

Mixiでしか読めない裏日記もそちらで公開中。
(特に最近のPM活動のレポはMixiに潜り込んでいる。)

今後は、ローカル過ぎるネタは主にMixiで。

それ以外は今まで通りこちらにアップしていくつもり。

もし以前からの読者の方で、Mikuraのローカルな部分を

もっと知りたいという方がいらっしゃれば、

是非Mixiでお会いしましょう(笑)


※こうして割り切って考えることで、Mixiライフを充実させようとする企み的な記事でした^^


欲望の変容
posted by Mikura at 13:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

パーティ占いのジレンマ - Mikuraの職人魂

Mixiをはじめてからというもの、オフ会パーティなどで鑑定を行うことも多くなった。鑑定修行という観点から考えると、多くの方々の手相に触れることはいいことだ。

しかしこのパーティ鑑定がなかなか曲者で、現在イビサルテなどで行っている一対一のタイマン鑑定と比べると、どうしても表面的な薄い鑑定になりがち。大勢の人々の中で占うことで生じるメリットとデメリットがせめぎ合うのである(笑)。

【パーティ鑑定のデメリット】
・誰が聞いているかわからないから、お客様が心を開きにくい
・鑑定する私が集中できない、周囲の人々のチャチャが入る
・女性を鑑定するとナンパ師と間違えられる 
 (たまに勘ぐられるんです)

【パーティ鑑定のメリット】
・開かれた場所での鑑定だから、誰でも気軽に受けやすい
・占っている姿を見て、人が集まってくる
・あまり話が深くならない分、大勢を鑑定できる

このようにメリットもなかなか捨てがたい。だが、静かなところでゆっくりと鑑定する方がやはり自分には合っているように思えてきた。表面的に浅く楽しく笑える占いも良いが、それでは私が本当に伝えたいことが伝わらないケースがある。やるからにはハンパな鑑定はやりたくないという、職人魂のようなものが芽生えてきたのかもしれない。

だから最近は、パーティ会場のど真ん中で気軽に立ったままの鑑定というのは避けがちだ。たとえば本当に気の知れた仲間たちの中で「ちょっと見てくれ」というのはありだと思う、しかし不特定多数のパーティ会場で鑑定するのは、できれば遠慮したい。

やるからには、相手に響く鑑定をしたい。それが占いを受けてくれる人に対する、そして自分に対する最低限の礼儀だと感じているから。
(それでも頼まれたら断れないのが占い師の性というか…そんな時はせめて壁際まで移動することをお許し下さい^^;)


教皇.jpg
posted by Mikura at 15:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ヒーラーの軌跡から学ぶ - 今風の"夢"実現法!?

先週末の「PM in イビサルテ」は、いつもと違って昼間の時間帯に行った。
そのおかげでお客様は当ブログを見て来て下さった方ばかり。(夜にPMするとイビサルテのお客様が殺到(?)して下さる^^;)おかげで十分に時間をとって、「占星術鑑定」を行うことができた。

そんなお客様の中に、当BLOGにもよく顔を出して下さっている「CHISAさん」がいらっしゃった。彼女とは私がPMを始めてまだ間もない頃に出会ったのだが、実際に顔を合わせたのは今回が二度目。お会いしたのが7月終わり頃だったので、あれからまだたったの3〜4ヶ月しかたっていない。

しかし!である。今回、彼女の手相を見て私は驚愕した!
「こっ、これは!!」手相が変わるというのは、今まで何度も見たことがあるため経験上知っていたのだが、ここまで変わる例があるとは思いもよらなかった。それくらいの大変化だったのである。

手形をとったわけでは無いので詳細までは覚えていないのだが(笑)、印象が見るからに違う。私は手相をパッと見たとき、同時に相手の「勢い」みたいなものを受け取るのだが、この時ばかりは同一人物と思えずにおろおろっとしてしまったほどである。

そこで本人からお話を聞いたところ、あれから色々な(人生を変えるような出来事が)どんどんと起こり、気づいたら自分の本当にやりたい方向へ自然と流れていったという事だった。別にがむしゃらに努力したわけではなく、「こうなればいいな…」と思ってたら「そうなってた」という感じとか。

私のように目標を設定してそこに向かってヒタ走るのとはかなり違う道ではあるが(笑)、どうやらそういう山(目標)の登り方も存在するようである。自分の運命を信じて、周囲の環境や人脈の流れに耳を傾けながら、スイスイーっと夢を叶えていくようなイメージだろうか。う…羨ましい。

これ以上、四の五の説明するのはよそう(笑)。まずは彼女のBLOG「・+.。・*ここちよい☆DAYS*・。+.・」にアクセス。そしてその詩とアート(絵画)に触れてみて欲しい。その独特の優しくて分りやすいタッチの文体と、夢幻の色使いのヒーリングアートにクセになってしまうこと間違いなしである。これからのご活躍が非常に楽しみだ。

※CHISAさんのBLOGで「三蔵の占星術」の紹介をして頂きました。ご興味ある方は是非→。


歓喜
posted by Mikura at 16:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

大学祭をあきらめて - やり残しの代償

今週末のPMは、先週のリベンジで西南学院大学の大学祭にでも行こうかと考えていた。
しかし、先月の「イビサ芸術祭」で受け付けた占星術鑑定をまだ消化しきれてないので、まずそちらを優先することにした。

人生の成功法則のひとつに、「やり残しをクリアにせよ!」というのがあるようだが、全くその通りだと思う。心に何かが引っかかったままでは、新しい事に向かって100%の情熱を注ぐことはできない。せっかく申し込んで下さった方々を置いて、福大に行ったりするから上手くいかなかったのだろう(笑)

思いついたことを即実行してしまうのは私の長所であり悪い癖でもある。もっと地道にやっていかねばということで反省しております。というわけで今週末は再度、イビサルテさんでPMしますのでよろしくお願いします。


■場所:イビサルテ 地下バー「メソン」
    地図→
■日時:11月13日(日)15:00〜17:30《当日延長無し》
■内容:手相鑑定(予約の方のみ「手相&占星術」)


欲望の変容
posted by Mikura at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

フェニックスの如く - 「PM in 福大」レポート

さて、お待ちかね(でもないかな…笑)。PM in 七隈祭(福岡大学祭)のレポートを書きたいと思う。正直言ってこのレポートの筆はなかなか進まなかった。なぜなら、このPM自体、とても成功したとは言いがたい結果に終わってしまったからだ。ここまでBlogで言い回しておきながら、まともな結果を残せなかったとなるとさすがに私も恥ずかしい。しかし、いつまでも亀のように引っ込んでいるわけにもいかないので、書くことにしようか…


当日、福大へは「P師」というスペシャルゲストと共に乗り込んだ。P師とは長い付き合いで、いつか是非PMに同行したいということだったので、今日は手相鑑定後の「手相マッサージャー」要員としてご同行して頂く事となったのである。手相マッサージと言うといささか怪しい響きではあるが、なんのことはない。ただのテノヒラマッサージである。私の手相鑑定の後、人生の相談事で緊張したお客様に、リラックスして帰って頂くために導入してみようと思いついたのた。

しかし…

福大のキャンパスに来てみると、当たり前の事だが学生だらけであった。そこでまず、その若いパワーに圧倒されてしまった。大学を卒業して早五年の歳月が経とうとしているのだが、たったの五年でまさかここまで世代ギャップを感じるとは思ってもみなかった。それだけ成長して大人になったのだと言うこともできるが、やはり若さに圧倒されるというのはちょっと哀しくもあり、センチメンタルな気分になってしまう。

というわけで、ハナから気合負けしてしまった私のテンションは低下気味。しかも下調べしていたとおり、各模擬店には目立つ所に大きく、出店許可証が貼り出されていた。これでその店がどのような品目を取り扱って良いのかは一目瞭然。責任者の顔写真のコピーまで付いており、とてもじゃないがゲリラでも手相鑑定させてくれるような雰囲気ではない。なにしろ許可されたもの以外の出し物をすると、即座に出店取り消しになるというのだから。どうすることもできずに、P師と学内をウロウロしながら模擬店を冷やかして回る。

またMixiで密かに告知していたPM開催地、「西ノ堤池」もどこにあるのか見つからず(泣)、福大内のシケた池のほとりでポイを回してはみたものの、近くを通る人は誰もいない。結局、P師に対するポイレッスンだけでこの日のPMは終わってしまったのだった。

以上がレポート…
なんたることだ。ここまで自分のレポートを読んで我思う…「オモロクないやん!」今回のPMは大失敗に終わったのだろうか?ワクワクのカケラもないではないか。今までで最もイケてない部類のPMだったのか?

いや、私はそうは思わない。このPMも大成功だった。もし私が学祭でPMやろうなんて事を閃かなければ、大学生向けメニュー「恋の大学デビュー法」も思いつかなかったし、「手相マッサージャー」(笑)に登場してもらおうとも思わなかっただろう。
また福大の学祭に入り込むに当たり友人の助言やアドバイスを頂いたのだが、もし行動に移していなければ、そんな素晴らしい人々の好意を受け取る機会も無かったのである。

アクションに失敗はつきものだ。失敗が怖くて何もできないのなら、PMなんてやり続けれるものではない。これは誰の「ARTIST DATE」にも等しく言える事だと思う。今回の失敗から私が受け取ったもの。それは「失敗を乗り越える勇気」だったのかもしれない。これからも私は色々とチャレンジしていくつもりだ。その挑戦は時に成功し、時に失敗するはずだ。

そんな成功や失敗に一喜一憂せずに、ひとつひとつの経験に感謝して次へのステップに繋げることができれば、いつまでも成長し続けることが可能だと思う。そう考えると今回も素晴らしいPMだったと言えるのではないだろうか。心がポジティブになったところで、次は…懲りずに西南学院大学の学祭(来週末)あたりを狙っていこうかな^^;

何はともあれP師様、ご同行ありがとうございました(見てるかな?)!


しし
posted by Mikura at 14:52| Comment(8) | TrackBack(1) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

三蔵挫折!? - アーティストデートの行方

☆あらすじ☆
テレビを見ていて、ふと福岡大学祭PMしようと思いついた三蔵。明日の大学祭乗り込みに備え大学生用メニューまで考えていたのだが…


どうやら福大大学祭(学祭委員会)の部外者参入への壁は意外に高い模様。
委員会の管理は手厳しく、模擬店でそのようなイベント(無料手相鑑定)をするのであれば事前申請しておかねばならないとのことだ(守らない店にはペナルティ)。 う〜む、手ごわい。今回は思い立ったのが2日前だったので、あまりにも衝動的すぎたようである。無計画だと大きなしっぺ返しを喰らいますな。

しかし一度決めたからには、すごすごと引き下がるのも面白くない。少なくとも、福大の大学祭だけでも拝んでおきたい! というわけで、明日は大学祭に行くだけ行ってみることにした。模擬店はダメでも、どこか近くの公園でやれるかも…と一縷の淡い望みをこの手に。

何故そこまですんのって? だってこれが私の☆ARTIST DATE☆。「ゆずるわけにはいかねぇ!」のである(笑)。「恋の大学デビュー法」引っさげて明日は福大にGoだ!
そうそう。不審者と間違われないようにポイを持っていこうかな。 (←余計怪しいか…^^;)


怠惰
posted by Mikura at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

大学デビューの極意 - あなたの青春プロデュース

次なる私の野望は「大学祭で手相鑑定ブースを設けたい」というものだが、何も新しいことをせずにやっても面白くない。PMとともに私のメニューも、日々成長させてゆかねば意味がないのだ。そこで昨日の夜、福岡大学突撃の告知を出した後で、その構想を練りに練った結果思いついたのがこんなメニュー。

(無料!)
  あなたの大学デビュー手伝います
- 手相と占星術で診る青春の恋のカタチ -


大学生の皆さんに「恋の大学デビューのイロハ」を占い的見地から鑑みて、アドバイス差し上げようという主旨。まず大学生といえば灰色の受験戦争を乗り越えて、ようやく自立したひとりの人格として大人の恋に巡りあえるお年頃。一人暮らしをはじめる人もたくさんいるし、たとえ自宅から通学していたとしても、両親にいろいろ干渉されることも少なくなる。

「これで晴れて自由の身だ!」
そう魂が雄たけびを上げた瞬間から、あなたの中の「金星星座」が目覚め始める。金星(ヴィーナス)が表すのは、あなたの恋のカタチとその傾向。あなたの青春時代の守護星といっても過言ではない、これこそがあなたの大学デビュー(恋)の成否を司る星なのである。

金星星座を使いこなすことができた人は幸いだ。そんな人が過去の自分を知る人が全くいない状況におかれて、一気にイメチェンしてデビューしてしまうといったこともよくある話だし、たとえ自分を知る人が大勢いる中でも上手に自己のイメージをコントロールし、変化させていくこともできるだろう。

もちろん、イメチェンせずとも匂い立つようなその変化に気づかないはずは無い。次第に自分の恋の形やプロデュース法を学びながら、青春を目覚めさせることは誰にでもできる。しかし自分の金星星座を知っているのと知らないのでは、そのデビュー速度がかなり違うのではないかと思うのだ。

青春時代が過ぎてゆくスピードは意外と早い。四年間などあっという間である(経験者は語る…泣)。金星星座を割り出して手相と見合わせることで、すでに自分の恋の衝動を把握している方には今後の傾向と対策を。そして未だ恋衝動の変化に戸惑いを感じられている方には、そのコントロール法と恋のカタチをアドバイスできればと考えている。

もたもたしている暇はない。恋にどっぷりと浸ることを許される開放的な学生時代を、薔薇色にするのも、灰色にするのも、結局はあなたの努力次第なのだが、そんなあなたのお手伝いが少しでもできればいいと考えてこんなメニューを考えてみた。

自画自賛で申し訳ないが、自分で見ても結構面白い内容だと思う。もちろん鑑定料金はいつもどおり無料だ。大学祭でできるだけ多くの人々とお会いできるのを楽しみにしている。


恋人.jpg
posted by Mikura at 17:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

福岡大学で手相鑑定したい! - 必殺!愚直PM

さて。先週でイビサ芸術祭のTangTug個展付属、「出張PM in イビサルテ」も無事終わりを迎え、次なる行動を考えていたところ…(占星術鑑定終わっていない方、忘れたわけではありませんのでご安心を。)ふとテレビを見ていたらどこかの「大学祭」の宣伝を目にした。大学祭…懐かしい響きだ。大学祭といえば模擬店。そういえば私が学生時代に所属していたサークルでも模擬店を主催していたっけ。

そう。あの時は模擬店での売り上げをあげるため、手相鑑定が得意だった私は先輩の命を受けて無料鑑定させられてたよな。。。そこまで思い出してハタと気がついた。「そうだ、大学祭でPMすればいいんだ!」。ナイスアイデアだ!!

と、言ってはみたもののそういったコネがない。一応ウェブサイトで調べてみたところ、福岡市内で開催される直近の大学祭といえば福岡大学の「七隈祭」。11月3日ならば祝日だし人も集まるだろう。さて、どうしたものか…

しばらく考えてみたが、適当な名案が思い浮かばなかったために三蔵の得意技。「愚直に行動」することにした。とりあえず前日の11月2日までは当BlogやらMixiやらで募集をかけてみて、引き合いがなければ自らPMを「営業」して回ることにしたのである(模擬店を一店一店、直接回るのだ)。

営業とは言っても、鑑定スペースを提供して頂けるという心ある模擬店をただ探すだけの話だ。もちろん鑑定はいつも通り無料。必要なものはスペースと二脚の椅子(できれば机も)だけ。模擬店側としては全く費用をかけることなく、「無料手相鑑定」というオプションを商品にオマケとして付けることができるのだから、ノーリスクハイ(?)リターン。店側にとってもオイシイ話なのではないだろうか。福岡大学の大学祭ならたくさんの人が来るはず。そう考えると俄然やる気がでてきた。今週は福大に乗り込むぜ!



☆福岡大学「七隈祭」で模擬店をお持ちの団体様各位☆

上記の記事を読んで、「三蔵の無料手相鑑定をウチの店で使い倒したい!」と思われた団体様。以下の条件のもとで先着一店舗様に限り、出張PMさせて頂きます。

★条件★
・大学側から正規の出店許可を得た団体であること
・手相鑑定に料金を課さないこと(販売商品のオマケとしてのみOK)
・椅子二脚と鑑定スペースを用意できること


★時間★
11月3日 要相談
詳細はメールで打ち合わせ

って感じでいかがでしょう。とりあえず興味持たれた方はコメント残して下さい。よろしくお願いします。



戦車.jpg
posted by Mikura at 17:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

これが私の生きる道 - 光の射す方へ

今日、明日とイビサルテにてPM(無料手相鑑定)を行う予定。
しかし時がたつのは早いものだ。一ヶ月前に「イビサルテに鑑定スペースをお借りできる!」とはしゃいでご報告したのが、昨日のように思えて仕方ない。数多くの方々のご好意により、手相鑑定も占星術鑑定もかなりの人数をこなす事ができた。正確には数えていないのだが、おそらく普通に公園で鑑定していたよりも4〜5倍の方を占うことができたはずだ。

一度鑑定を受けられた方の紹介で頼まれることも増えた。これがきっかけとなって、これからのPMがさらなる盛り上がりを見せるような気もしてワクワクしている。また、占星術に関しても好評を頂いているので、PMIの読者の方限定でこれからも随時募集して行きたいと思う。

さて。十一月から私は野外PMをすることになるのか、あるいはどこか別の世界を開拓するのか…それは「神のみぞ知る」ことであり、実はまだ何の計画も立ててはいない。公園とかでやってれば、そのうち色々な出会いが私を次のステップへと導いてくれるのではと、密かな期待をもっていたりもする。「運」は常に人を介して運ばれてくる、と良く言うではないか(笑)

「PMはこの先どうなっていくのだろう?」
私は自分の運命を信頼しつつ、この道を歩き続けていくだけだ。そしてそんな見えない道の先に夢を抱くのが楽しい。それはハラハラドキドキした浮ついた感覚ではあるが、日々を楽しく生きるための活力になっているのだ。これが好きでやっているのだから…

このような変なヤツですが、大道芸手相家「三蔵(Mikura)」をこれからもどうぞよろしくお願いします。


やぎ
posted by Mikura at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

浮羽の山のシャングリラ - IBIZA SMOKE RESTAURANT

イビサルテで何度も耳にした言葉「山に行けば…」。
イビサルテで出される新鮮で美味しい清水、そして手作りの味わい深いハム、イビサができるまでの工程を収めたアルバム、その他諸々の伝説の数々。そのルーツは深遠極まりなく噂だけでは想像すらできない。一体どんな所なのだろう?百聞は一見に如かずとはよく言ったものだ。私はいよいよ「山のイビサ」に参拝(笑)することにした。

先週の土曜日から翌朝にかけて、以前も紹介したように「AMAZONAS」というDJイベントが開催されたのである。杷木ICで高速を下りたあとはヒタスラ山に向かってドライブ。杷木を下りた時点で既にかなりの田舎なのだが、そこからさらに山の中に入っていく道程では、まさしくシャングリラ(楽園)を目指す巡礼者のような心境であった。

村をいくつか越えた後ダムの側を通り、離合も難しいほど狭い道路をくねくねと約30分。「イビサスモークレストラン」についた頃には日もとっぷりと暮れて星が見え始めていた。標高にしてどれくらいの場所に位置しているのか分らないが、山の上では10月中旬とはいえ吐息は真っ白。気温は軽く10℃は下回り凍りつくような寒さだった。でも空気はキレイに澄み渡り、森林の息吹を胸いっぱいに吸い込んで心も体もスッキリ。やはり山の空気は最高で、これだけでも来た甲斐があるくらいだった。マイナスイオンが全身の気を整えてくれる。

ハヤる心を抑えて会場に足を運んではみたものの、まだDJパーティの準備はできておらず、リハの真っ最中に来てしまった私は「イビサ」の中をウロウロ見て回ることにした。現在「IBIZA ARTE FIESTA」開催中ということで、店内は数多くのアーティストの作品でいっぱいだった。温かみのある石造りの壁と暖炉。サラサラと流れる清流のそばにぽつんとたたずむ露天風呂。ちょっと探検するだけでも時間はどんどん過ぎてゆく。

ふと気づいて見上げた空は銀河の夢、満天を覆い尽くす星の渦に圧倒された。レストランから少し離れただけで、もう本物の暗闇の中に体が沈んでしまう。木々の影と夜の天の境界が曖昧になる。まだ電気が発明されていない頃、当たり前に存在していた夜の原風景。自然にとってそんなありふれた光景を、現代に生きる人々は知らずにいる。私は占星術の研究もしているので、こうして大空を翔る星々を見上げるとついついギリシア神話の神々の事を考えずにはいられない。。。そのせいか無性にPM欲がつのってきて、「PM in IBIZA」の機会を密かに狙ってたのであった。

しばらくすると夜の底冷えはその鋭さを増していき、最後には体がかじかんで動かなくなるほど。これはマズイということでポイを回してみたり、焚き火に手をかざしたりしてみたがどうも我慢できない。そこで避難したのが公開鞄作りをされていた立川綾さんの「BISARRI展」。中はストーブで暖かく壁やテーブルには手作りのカバンの数々が並べられていた。

10月9日から2週間の間ずっと浮羽の山ごもり。公開で鞄を作り続けているというツワモノ女性である。彼女の作品はシンプルかつスマート。竹を割ったようなその性格と作風が革の温かみに見事に融合され、力強く洗練された柔らかさを醸し出している。かっこいいのは作品だけではない。彼女自体の生き様がまたカッコいいのである。革の鞄を作るようになるまでの経緯を聞いてみて、また私のリスペクトリストに一人が追加された。

やはり「人生山有り谷有り」。本当に自分のやりたい事を好きなようにやり、それで食っていく…というのはなかなか難しい。だからこそその試練を乗り越えた人には共通するような輝きがあるのだろう。身内の反対、嫉妬や批判、才能への不信、理想と現実のギャップ、逃げだしてしまいたくなるような辛い日々。それを乗り越えた者だけがまとう事のできるオーラ。私はそんな「オーラ」をもっと見たいと思った。そしていつか自分もそんな風になりたいとも…

それから夜は長かった。綾さんの計らいで「BISARRI展」の隅っこでお忍びPMをしても良いということになり、結局やっちゃいました「PM in IBIZA」。大自然の中で私の感覚も冴えていたせいか、街での鑑定よりもより深くリーディングできたような気がするのは気のせいだったろうか。部屋はストーブで暖かかったし、最高のコンディションで鑑定させていただいた。

その後、メインディッシュの激ヤバDJ&VJプレイのほかにも本当にイベント盛りだくさんのパーティだった。(来場者は100人くらい)「かっちゃんのマキ割り講習」、「命の地鶏ワークショップ」、「ファイヤーユニット「楽園」」「ディジュリドゥ&ジャンベセッション」「伴くんのライブペインティング」などなどお楽しみも満載で書ききれない。

そんな中でも特に強く感じたのは、イビサで働いている人々の明るさと強さだった。皆、自然と音楽、そして何よりもこの「IBIZA」を愛していた。彼らは数年山にこもって自然や料理、アートを学び、またそれぞれのステージへと旅立っていくのだという。そして彼らにとっての第二の故郷となったイビサは、また次世代の若者達の手に引き継がれ、語り継がれて行くのだと…

そんな彼らが街のクリエイティブな人々とコラボして、これまた街の”心ある”人々に「アートと自然を身近に感じてもらおうと」エンターテイメントを提供する。正直、このコンセプトには惚れ込んだ。イビサオーナーの尾花さん、そして愉快な仲間達の偉大さをひしひしと感じた。

自然好き、音楽好きの大人たちが一晩中騒ぎ立てたAMAZONASは大盛況の盛り上がりを見せて無事終わった。こんな素晴らしいイベントを紹介してくれたTangtug氏にまず感謝を。そしてAMAZONASとIBIZAのスタッフの方にありがとう。森の子供に帰った我々はまた都会の雑踏の中に戻っていく。でも皆は忘れない、今もこの世に存在するパラレルユニバースの存在を。


受容
posted by Mikura at 15:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ディジュリドゥパーティ - 地底からの巨人のいびき


【開催場所】イビサルテ地下バー「メソン」
【日時】  10月14日 20:00 START
【参加料金】1500円(1ドリンク付)
【演奏者】 NATA

TANGTUG氏のアート空間となっている(イビサ芸術祭期間中)イビサルテ地下「メソン」において、秘密のディジュリドゥパーティが開催される。ディジュリドゥとはオーストラリアの原住民「アボリジニ」に伝わる巨大な縦笛のような楽器で、重厚で腹に響き渡るような低音を発する。

演奏者のNATA氏はアボリジニの住む村に行き、現地生活をする中で伝統的な演奏法をマスターしたというホンモノ。伝統演奏をベースにしつつ自分自身の声となる響きを、楽器の持つ新しい可能性と共に追求し続けているという。私も世界旅行の旅先でディジュリドゥを持ったバックパッカーに何度か練習をさせてもらったことがあるが、ディジュリドゥは、その単純な作りからは想像もできないほどに奥が深い。

演奏している方も聴く方も深い響きが作り出す重低音の「場」の中で、不思議空間に持っていかれそうになってしまう。そんな「ディジュ」を体験したい方は是非メソンへ足を運んでみよう。またちょっとした時間の合間などに、メソン内で手相鑑定を行う予定もある。今回は入場料が必要だがディジュも手相も同時に楽しみたい方は是非、足を運んでみてはいかがだろうか。


さそり
posted by Mikura at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ミクラMixiデビュー - 人との出会いが世界を開く

連休PMレポート二日目!

(日曜日)
さて9日も18時から2時間の「抜き打ちPM in イビサルテ」を予定していた。しかしあまりに天気が良かったので、その前に天神中央公園でふらっとポイを回すことに。最近はほとんど土曜日のPMばかりで、日曜日に来たことが無かったのでちょっとビックリ。意外と人が多かったのである。公園内で活動していた、大勢の西南学院大学祭のスタッフたちを差し引いてもかなりの人数がいた。

おかげで人口密度も高く、あまりのびのびとポイプレイできるような環境ではなかった。しかしそれでも回し始めればトランス状態。涼しくなった秋風の中、爽快にポイをグルグルグルグル。数名の見物客が集まってきたところで、人なつっこそうな若い男性が近寄ってきて話かけてきた。

私はいつものようにイヤホンでフラメンコダンスミュージックを聞きながらプレイしていたのだが、こちらがイヤホンをつけているにも関わらず話しかけてくる人というのは、今まで例外なく素晴らしい出会いをもたらしてくれた。ピンときた私は誠意を持ってお話させて頂いたところ、なんと彼はあの噂のソーシャルネットワーキングサイト「Mixi(ミクシー)」のメンバー。「しかも今そこ(公園内)でオフ会やってます。」との事。よく見ると公園にシートを敷いて昼間からドンちゃん騒ぎしている連中がいるではないか!!あ、熱い…熱すぎる…

実は以前から(福岡no街オフ会以降)、Mixiの噂をいたる所で聞いていた。実際招待状を頂ける機会もあったのだが、そのシステムがイマイチ理解できなかったので招待されるタイミングを逃していたところだったのである。もうそろそろ十月のイビサルテイベントも終了する。PMの行方も見えないでいたところだったので、ここで踏み込んでみることにしたのだ、よくわかんないまま、Mixiへ!

Mixiという閉鎖空間の情報を公開Blogに書いていいものかどうか、まだ判断がつかないので(多分いいと思うんだけど)あまり詳細には書かないが、非常に面白い方々に出会うことができた。もちろんポイのことや無料手相鑑定の事も皆さんにお話して、臨時出張PMまではじめちゃったりして…

なんだ、俺。どこに行っても手相見てるな〜(笑)。そう思いながら、「PM in イビサルテ」があったので、泣く泣くお別れすることに。Mixi内には何万ものコミュニティがある。その中でもたまたま素晴らしいコミュニティのオフ会に、メンバーでもないのに飛び入り参加して、またひとつ世界が広がるというこの不思議と運の良さ。なんだか運命を感じる瞬間である。

その運命に感謝して、PM終了後ソッコーで中央公園に戻るとまだまだいましたよ皆さん。思い思いの場所に陣取り、ネット上でお馴染みの友人達と酒を酌み交わしながら語りあう。こんなに自由で伸び伸びした、コミュニティ・オフ会を作り上げてしまう「Mixi」というインフラの可能性に仰天するとともに、ここに21世紀のインターネット社会の縮図を見出したような気がした。今ならMixiをはじめた人のほとんど全てが、夢中になってしまうというのも理解できる。

帰宅した私はさっそく開いた、Mixiという次世代サイバースペースへの扉を!
(さっそくマイミク募集中)


みずがめ
posted by Mikura at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡で手相鑑定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。