2008年03月21日

占星術上級の書 - 『時』を極めるために

占星術師が大きな力を持っていた、

ルネサンスの時代のこと。

偉大なる占星術師になるためには、

どうあるべきか…

『時』の扱い方の根本原理から、

解いていくカルダーノの思想です。

かなり難しい内容になっていますが、

全ての占星術師には読んで欲しい。

Mikura、オススメの一冊です。

posted by Mikura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

花の占星学 - バッチフラワー・アストロロジー

バッチフラワーレメディーと西洋占星術のコンビネーションが

ぎっしり詰まった一冊です。

原書の初版はなんと、1986年。

日本でやっとこの本が初めて書店に並べられたのが、2005年。

今まで見かけなかったからといって、

あながちただの流行ものではありませんよ。





posted by Mikura at 13:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

セカンド・ルネサンス - ミレニアムのダヴィンチ

映画ダヴィンチコード、見ましたよ。

(ネタバレ注意!!)

世界中の販売部数が4900万部突破したということだったので、

一体どんなストーリーなのだと思っていたら…

これは、スゴイ内容ですね。

私がこの映画から受け取ったメッセージをズバリ答えると、

「(真の)女性時代の到来」。

キリスト教世界の第二の宗教改革、とも言えるインパクト。

この物語を世界中が支持しているというところに、私は人類の

意識の大きな変動を感じずにはいられませんでした。

(どこから本当でどこまでがフィクションなのか分からなくなって

しまったというのが、本音ですけど。)


当ストーリーの主人公はシンボル解釈の権威「ロバート・ラングドン」。

この設定にはとてもユング思想のにおいがしました。

ユング心理学では、シンボルが人間の深層心理を繋ぐものとして、

重要視されています。そしてその思想は極めて異教的であります。

(あくまでキリスト教的視点から見て…の話ですが)

キリスト教世界でいうところの「教会」の教えを絶対視しておらず、

むしろ古いキリスト教の歴史の中で、かき消されてきた女性の

重要性や、錬金術・占星術などの秘教を真実であるとする趣が

ある思想。

そんなユングを思わせるシンボル研究家が主人公であるという

ところを見ても、冒涜的(反キリスト教的)なにおいがするのです。


そのようなシンボル研究家が暴く数々の真実。

教会がその権威を守り通すために続けてきた「欺瞞」を告発し、

真実を明るみに出そうとするヒーロー物語。

カッコイイですね〜、占星術マニアの私にはシビれます。

無意味で、裏に石油戦争のにおいすら漂わせる宗教(中東)戦争に

うんざりした世界中の人々が、ダヴィンチ・コードを支持するのは

必然の流れすらも感じさせます。

「古いキリスト教時代の流れをここで変えたい」という意思が

世界中に流れているのかもしれません。

そんな世界の環境がハリウッドのプロパガンダ的機能と相まって

この大ブレイクにつながったのでしょうか。

空想はどんどん広がっていきます^^


レオナルド・ダ・ヴィンチが、

暗黒の中世に光を灯したルネサンスの中心だったのとおなじように。

この作品も21世紀というミレニアムの境界に大きな気づきを

もたらした『光』なのかもしれません。

原作のダン・ブラウン氏の知的レベルのすごさが伺えます(文庫本も購入しますよ)。


【一番感動した場面】

ジャック・ソニエール館長が残したメッセージに二重のメッセージ

が隠されていたことが分かる最後のシーン。ユング心理学の中核

『シンクロニシティ』そのものを表しているようで、

さすがにあの場面では鳥肌が立ちました。





posted by Mikura at 12:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

思いやりのある生活 - 聖者のつぶやき

やっぱし…

ダライラマいいわぁ〜。

癒されます☆


思いやりのある生活


愛
posted by Mikura at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

魂の仕事師たち - プロ論

各方面に渡り、プロ中のプロたちのインタビューを集めた良書。

プロの「励ま師」を目指す私にとっては、心に響く言葉がたくさんありました。

やっぱり、プロの魂はカッコイイ。

好きな事を仕事にして、自己表現するという、人として最高の喜びを知りたい方に読んでほしい一冊↓。


プロ論。



皇帝.jpg
posted by Mikura at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

eco検定 - Mikura待望の「環境資格」

みなさん、こんな資格をご存知ですか?

環境社会検定試験(eco検定)

今年から新しく設置された検定。第一回試験日は10月。

実は私、子供の頃から地球環境の問題が大好きで、小学生当時

から環境問題の雑誌「UTAN(97年絶版) 」を購読してました。

(昔から占いと同じくらい好きなテーマでした。)


地球温暖化、食糧問題、オゾン層破壊、酸性雨…etc.

当時はあまり大きな問題として、取りざたされていなかった

諸問題も今では国際レベルの大問題として認識されています。

そして今年、このような形で環境問題の知識を問う検定が

スタートしたのです!!

さっそく購入したテキストの内容といいますと、、、


環境社会検定試験 eco検定公式テキスト


【公式テキスト 目次より】
1.持続可能な社会に向けて
2.地球人としてのわたしたち
  1)わたしたちの地球と自然環境
  2)環境問題の実態
3.環境と経済・社会
  1)環境をめぐる世界の動き
  2)環境と社会
  3)環境と経営
  4)環境と商品
4.わたしたちの暮らしと環境
  1)個人の暮らしと環境問題
  2)豊かな食事と環境の関係
  3)自然と共生した住環境
  4)暮らしの中の水
  5)暮らしの中の廃棄物
  6)日常生活の中でわたしたちができる環境貢献
  7)社会と環境
5.環境と共生するために


という感じ。興味ない方はそれがどうしたってもんでしょうけど、

私にとってはメラメラと勉強欲が湧いてくるような内容です。

eco検定初代取得を目指して頑張ろうと思ってます。

目指すは、「地球に優しい☆エコヒーラー」。


世界.jpg
posted by Mikura at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

「寝ヨガ」知ってる? - 注目のヨガ入門書

最近ヨガに興味を持ち始めたものの、書店にはヨガ本があふれ、

どれを選べば良いのか迷っていましたが…

やっとみつけました、簡単かつ見やすく始めやすいヨガ本!


ベッドの上で簡単にできる「寝ヨガ」レッスン〈快眠CD付〉

寝ヨガ

「朝の目覚めヨガ」「お昼寝ヨガ」「寝る前のヨガ」の3つが

分かりやすく紹介されています。

さ・ら・に!

1100円で、なんと70分のヨガレッスンCDも付いてお買い得。


夜の睡眠が浅いと感じる方、特におススメです!

私はまだ初めて間もないのですが、かなりぐっすり眠れるように

なりました。特に風呂上りの寝ヨガは効きますな〜。


最近発売されたばかりで、書店でも平積みされていることが

多いので、見かけたらちょっと手にとってみて下さい^^

Mikuraイチオシです☆
posted by Mikura at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

「悪い占い師を見分ける法」掲載 - ☆無料電子書籍☆

同居11人!?一夫多妻男の集団生活脅迫事件


占いや宗教を悪に利用する輩は、いつの世にも絶えません。

そしてこんな事件が起こった時に、被害を受けるのがマジメな

占い師たち。正直、こんな事件は勘弁してほしいです(苦笑)。


占いや祈祷を使って女性の心をたぶらかす男も男ですが、

そこにハマる女性側の防衛手段も講じる必要があります。


そこで!「良い占い師と悪い占い師を見分ける方法、心構え」を

手相占いの幸せな活用法とともに、電子BOOKとしてまとめました。



(Mikuraの無料電子書籍ダウンロードはここから↓)

「これぞ!励ま師☆手相術」
(手相占いの幸せ活用法 & 良い占い師の賢い選び方




以前、このブログにも書きましたが、良い占い師の選び方を

励ま師」的観点から書き記したものです。

文章も推敲し、かなり分かりやすく作りこめたと思いますので、

以前記事を読まれた方にもおススメです。


是非、プリントアウトして小冊子としてお使い下さいませ☆



祝福
posted by Mikura at 21:27| Comment(11) | TrackBack(13) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

「電車男」面白かった? - インターネット時代の試金石

見ました、電車男DVD。
あれだけ話題になっていたのに、つい見逃していたので、あらすじなど全くのノーインフォメーションで見ることに。(これ以後はネタバレになるかもしれないので、読みたくない方はどうぞご退席あれ。)

2ちゃんねるを利用したことのある人は、かなり楽しめる内容になっている。しかしパソコンをあまり触らない人やネットをやってても「2ちゃんねる」のような、掲示板・コミュニティ系のサービスを利用していない人には理解しづらいかもしれない。いわゆる「2ch用語」を理解できないと、笑えない部分もあったりして。

2ちゃんねるはクセがある。

アクセスして頂くと一目瞭然なのだが、マニアックでコア、アンダーグラウンドな情報で満たされている。しかも書き込む輩もまさに有象無象で、ダークで笑えないような、誹謗中傷などが日常茶飯事に飛び交っている世界。しかしものは使いようで、通常のルートではつかめないような情報も転がっていたりする。(その分ガセネタも多いが…笑)

事実、今夏フィリピンのセブに旅行に行ったとき、2chには随分お世話になった。電車男ほどドラマチックでは無かったが、日本全国に住んでいる(あるいは現地の)旅のツワモノ、たちがいろいろな情報をアップしてくれた。おすすめのビーチから、現地の危険情報、秘密の場所など、旅行指南書「地球の歩き方」よりも遥かに詳細でホットな情報をゲットできた。

手前みそで恐縮だし、まだまだ自分が完全にインターネットを使いこなせているとは思えない。しかし私の未熟な経験の範囲で語るとすれば、必要な情報にアクセスするためには、インターネット上(サイトなど)に存在する情報だけでは不十分。重要な事はインターネットというツールを使って、ヴァーチャルの向こうでキーボードを叩いているリアルの個人といかにつながれるか、そして情報を引き出すか…そこがポイントになってくるのだろうと思う。

そういう観点からこの「電車男」を見てみると、非常に大きな気づきを与えてくれる。
「電車男」は彼女いない歴22年の22歳。生まれてこの方、女性とはまるで縁のないオタク男。そこに現れた千載一遇のチャンス。ある女性とのデートの約束を取り付けた。しかしオタクとして生きてきた彼には、女性へのアプローチ法・ファッション・デートコース・気の利いた会話などなど…圧倒的な情報不足に不安を隠せない。

そんな「電車男」にアドバイスを与え、勇気を授け、行動に駆り立てた2chユーザたち。おそらく、「電車男」はGoogleか何かで、「女性の口説き方」なんてサイトにアクセスしてそこから情報を引き出すこともできただろう。でも、本物の知恵や教えというものは、そのように固定化されたものではない。

状況はリアルタイムで変化してゆく。そんな状況報告を楽しみながらも柔軟なアドバイスを授ける2chユーザから、彼は「女性の口説き方」などといった固定的なサイトからは決して手に入れることのできなかった何かを見出したに違いない。

仕事で毎日PCに向かい合い、ワードやエクセル、パワーポイントなどのソフトを使いこなせたとしても、インターネットを使いこなしているとはいえない。インターネットバンキングや各種検索サービス、ネット予約システム…というくらいでもまだ足りない。

本当の意味でインターネットを使いこなしたければ、2chや「Mixi」などを利用して、空間と時間を越えて自分の欲しい情報を持った個人とつながりあう所まで行く必要があると思う。

PCを使える人と使えない人の格差を「デジタルデバイド」というが、そのうちインターネットを使える人と使えない人との間で「ネットワークデバイド」とでも呼べる状況が、将来現実化する時代が来るかもしれない。ヴァーチャルのネットワークを持つ人と持たない人の格差である。ここに生まれる差がどんなものになるのかはまだ定かではないが…

とりあえず「電車男」を見ておいては如何だろうか^^?



■紹介書籍(DVD)
電車男 スタンダード・エディション

ミクラMixiデビュー - 人との出会いが世界を開く


審判.jpg
posted by Mikura at 17:21| Comment(4) | TrackBack(2) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

大好きなことがみつかる! - あなたに渡すProjectバトン

私がProject Mikuraをはじめたきっかけはこれとは別にあった。しかしその情熱をスピードアップさせた上、欠かすことのできないよりどころにまでなった本を紹介したいと思う。

今からでも間に合う大人のための才能開花術

この本はアメリカでも大ベストセラーになったという。内容はまさに題名通り。「人は皆、内なるアーティストをその心に抱えており、今までの経験や年齢等に関係なくアーティストとしての創造性を秘めている。そして誰でもカンタンに(もちろん継続と努力は必要だが)その才能にアクセスする方法がある」というのである。

ひとつ誤解して欲しく無いことは、ここで言っている才能とは画家・音楽家・歌手・陶芸家・舞踏家といった俗にいう「アーティスト」だけを表すものではなく、全ての職業に共通して求められる「創造性」の開花だと捉えることができるということだ。そういう意味では全ての人を対象にした才能開花術といっても過言ではないだろう。特にクリエイターの方々(デザイナー、各種コーディネーター、ライター)には確実に参考になる方法論だと私は確信している。

これは世にあふれた啓発書のように、机上の空論だけが述べられているものではない。才能開花のための実践的なトレーニング法が12週間という具体的なプランに落としこまれた、トレーニングプログラムである。本を読みすすめていきながら書かれている通りに、作業を進めていけばよいのだ(一週間約30ページずつ)。

そのプログラムの核ともなるべきものが「モーニング・ページ」と「アーティスト・デート」。ここでは「アーティスト・デート」の方をご紹介しておきたい。本文より抜粋してみると…

ではアーティスト・デートとは具体的に何なのか?それは週に二時間程度のまとまった時間をとって、あなたの創造性の象徴である「内なるアーティスト」の育成に専念することだ。もっとも基本的な形を言えば「アーティスト・デート」とは旅行であり、あらかじめ日時を指定しておくデートであり、他人の進入を禁じた時間だ。「アーティスト・デート」には部外者を同行させてはいけない。行ってもいいのはあなたと、あなたの「内なるアーティスト」、つまりあなたの「想像する子供」だけだ。恋人も、友人も、配偶者も、子供もだめ−どんな肩書きの人もお断りだ…

要約すると「週に二時間ほど自由な時間をとって、その時間だけは自分が好きなアートを好き勝手にやりなさい」ということ。私はこの部分を読んだとき、今自分がやっているPMがまさしく「アーティスト・デート」そのものであることに気づいたのである。そしてこのプログラムを忠実に実践し始めた。

手相鑑定も一種のアートだったらしい(笑)。最初の一ヶ月は多少辛かったが、やっているうちにどんどんとPMが大きくなっていった。人が集まり、自分の才能も目覚め始めた。もしもこの本との出会いが無ければ、とうの昔にPMは止めていたかもしれない。それほどに強力なこのプログラムのパワーは私が既に実践済みである。

たった「780円」で自分の中の創造性にアクセスできるのであれば、これは安すぎる買い物ではないだろうか。私はこのトレーニングの全てを完璧にこなしたわけではないが、12週間(三ヶ月)前の自分と今の自分を比べてその驚くべき違いに正直度肝を抜かれている。
心にピンと感じた人は「今すぐ本屋に直行!」して欲しいくらいの超オススメ書籍だ。

(紹介書籍)
今からでも間に合う大人のための才能開花術


おひつじ
posted by Mikura at 11:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

あなただけのタカラチズ - ワクワクを忘れない

「宝地図」という言葉からあなたは何を連想するだろうか?

山賊のアジトが描かれた羊皮紙か、映画「ザ・ビーチ〈特別編〉」に出てきたような楽園への地図か、はたまたアフリカの奥地の古代文明の入り口が示された石版か…ついついそんなロマンを広げさせられてしまう、それが宝地図という言葉の響き。しかし、この本で紹介されている「宝地図」はそんな仰々しいものではない。むしろ幼い頃に大切なオモチャを隠した場所を示すラクガキのようなものといった方が近いだろう。

私は目標を設定するのが好きだ。自分がやりたい事やなりたい自分をイメージし、そこに向かってひたすらガンバる。世界旅行の実現、アロマやカラーや貿易の資格、ポイの鍛錬。どれもこれもまずはじめに目標ありきだった。しかし目標を実現させるためには、日々日常の努力が不可欠である。ある日気づいたら成功していた…なーんて奇跡は絶対に起こらない。

ということは「日々のモチベーションをいかに高めておくか」が大事なポイントになってくることが分るだろう。夢を思い立った時は異様な興奮で大きな希望と動機を持ってはいるが、日常の雑務の中でそんな夢も削られていく。いつしかいつもの自分に戻ってしまい、夢に向かって歩くことを忘れていた、あるいは必要とされる努力があまりにツライので、サボりがちになりやがて三日坊主に…このような経験は皆さんにも覚えがあるのではないだろうか?

夢挫折のパターンとしてここから読み取れるのは、「夢を忘れない」「楽しく努力できる」が重要なポイントとなるということ。なかなか我々凡人には難しそうである。私達はエジソンではないんだし、ひたすらに努力し続けるなんで不可能に近いようにも思える。
だがもしも、「夢をいつも持ち続け、しかも楽しく追い続けることのできる」魔法の道具があると言ったらどうだろう?あり得ないと一笑に付すかどうかはあなたの自由だが、それがこの「夢を叶える宝地図」なのである。

カラクリはいたってカンタン。大判の画用紙等に自分の夢に関係する写真やイラストをはりつけて、いつも見えるところ(部屋の壁など)に貼っておくだけ。毎日いやでも見えるから「夢を忘れること」もないし、夢達成を自分の好きなように描けるから「楽しく努力できる」というわけ。

まさしく、「夢をいつも持ち続け、しかも楽しく追い続けることのできる」というポイントを見事に組み合わせた画期的なツール。馬鹿馬鹿しいと思われる方もいらっしゃるとは思う。皆が皆「宝地図」を作るようになるなんて私も期待してはいない。ただこういうやり方に共感を覚える人は是非チャレンジしてみて欲しい。絶対に何かが変わるはずだ。

もちろん写真やイラストをただ貼り付けておくだけでは見栄えも良くない。あなたの宝地図をステキに演出するためのノウハウがたくさん詰まった宝地図活用術。まずはこの本↓を読んで、あなたの大切な夢実現の一歩を踏み出してみよう。

(紹介書籍)
ワクワクしながら夢を叶える宝地図活用術


星.jpg
posted by Mikura at 10:33| Comment(10) | TrackBack(1) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

三蔵文庫オープン! - 読書の秋スペシャル

三蔵はどんな本を読んでいるのだろうか?
このカテゴリではそれを大公開していこうと思っている。
「真・織花夢」のテーマに合わせてアマゾンでご紹介。
秘蔵の三蔵文庫から、とっておきの良書(悪書?)を選んでお届けしたいと思っている。
多少偏りがあるかもしれないが(笑)、全て大好きな本ばかりを選んでお届けしていきたいと考えているので、よろしくお願いしたい。


隠者.jpg
posted by Mikura at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 三蔵文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。